工学系部局なんでも相談室だより 2019年12月版

工学系部局なんでも相談室だより 2019年12月版【counseling room report】

 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
 早いもので令和元年もあと少しで終わろうとしています。
みなさんにとって今年はどんな年だったでしょうか?
 ところで現在札幌市ではインフルエンザ警報が出ているのをご存知でしょうか?
市内定点医療機関にインフルエンザで治療に訪れた患者さんは、12月の第1週で1医療機関あたり30人を越えています。
 今年は例年よりもインフルエンザの予防接種が強く推奨されていましたが、この患者数をみると残念ながらかなりの流行は避けられないかもしれません。
 特に年末年始の休み明けは、交通機関や初詣、初売りなど人混みに出る機会が増えるために、爆発的に感染される方が増えます。今から予防接種を受けるのもひとつの手ではありますが、休養、栄養をしっかりとって手洗いとうがいを徹底することが最大の予防になります。
 インフルエンザがどんなに流行ってもかからない人はいますし、かかっても非常に軽く済む方もいて、そういう方とお話をすると「みんな大げさなんだよ」と言われることがあります。確かにその方の健康被害だけを考えれば特に対処をしなくても自己責任でもいいのかもしれません。
 しかし、インフルエンザは感染力が強いだけではなく、子どもやお年寄り、そして妊婦の方が罹患すると致命的な結果になることもある病気です。自分は軽く済んだとしても、自分がその菌を職場や学校、あるいは公共の場に持ち込んでまき散らしてしまうことで周囲の方に悪影響を与えることは避けなければなりません。
 まずは手洗いとうがい、そして風邪かなと思ったらマスクを着用し、くしゃみや咳はマスク越しかマスクをしていない場合は相手と正対せず、ご自分のシャツや上着に向けてする、これだけでかなりうつすリスクを低減できます。ご自分の健康のことだけでなく周囲の気遣いをぜひお願いしたいと思います。
 最後になりましたが今年もお世話になりましてありがとうございました。
 みなさま、どうぞ佳い年をお迎えください。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和元年11月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  7日
 {延べ利用件数}45件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に、利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより 2019.12版【Counseling room report Version December 2019】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
Ishihara from the consultation room.
This year will be over soon.
How was this year for everyone?
By the way, do you know that there is now an influenza warning in Sapporo City?
In the first week of December, more than 30 patients visited the city fixed point medical institution for treatment with influenza.
This year, flu vaccination was strongly recommended than usual, but unfortunately, a significant epidemic may be unavoidable when looking at the number of patients. 
In particular, at the end of the year-end and New Year holidays, the chances of going out, such as transportation, first-time visits, and first selling, increase, resulting in explosive infection. It is important to get vaccinated, but rest, nutrition, hand washing and gargle are the most preventive.
There are people who don’t care how much the flu is prevalent, and there are people who can get very light even if they start, and when you talk to them, you may be told that everyone is exaggerated. Surely, if you consider only the health hazard of that person, you may be able to take your own responsibility even if you do not deal with it.
However, influenza is not only highly infectious, but it can be fatal if it affects children, the elderly, and pregnant women. Even if you’re light, you must avoid damaging the people around you by bringing them into the workplace, school, or public places.
First, if you think you have a cold, wash your hands, gargle, and wear a mask.
Directing the cough to a shirt or jacket can greatly reduce the risk of influenza infection.
Let’s care not only about your own health but also about the health of those around you.
Last but not least, thank you for taking care of me this year.
Please have a good new year.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in November.
{Opening days}
7 days
{Total number of items to be used}
45 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントは停止中です。