投稿者「admin」のアーカイブ

工学系部局なんでも相談室だより 2019年11月版

工学系部局なんでも相談室だより 2019年11月版【counseling room report】
 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。
―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
急なスピードで冬がやってきました。今年はインフルエンザの流行も早く始まったようですが、みなさんお変わりありませんか?
さて今般、12月10日(火)の午後にこころの健康セミナーを開催いたします。今回は依存について取り上げさせていただきます。
私たちは少なからず誰かや何かに依存することで安心を得て、毎日の生活を送っています。困ったときの○○頼み、や、朝仕事を始める前の珈琲やお茶で一服入れる等、生活の一部になっている方もおられるのではないでしょうか。
これに対して疾患に見る依存は単純に依存度が強まるだけではなく、それがなければ精神が安定しない、体調が悪くなるなど、その物質や事柄に脳が強く反応を起こしてしまっている状況となります。
スマホを手放せない、ネットゲームにはまっている、買い物をしたくてしょうがなくなる、誰かといないと落ち着かない、いつもお酒を飲みたいなど、ネットで依存を検索すると様々な症状が紹介されていますが、実際にそれが疾患かどうかの判断は容易ではありません。
今回はそういった依存の概要と対処についてお話をし、まずは依存について知るきっかけにしていただければと考えています。
多くの方のご参加をお待ちしています。
―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和元年10月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  7日
 {延べ利用件数}36件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇
―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に、利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.
工学系部局なんでも相談室だより 2019.11版【Counseling room report Version November 2019】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since […]

カテゴリー: お知らせ | 工学系部局なんでも相談室だより 2019年11月版 はコメントを受け付けていません。

2019年12月の開室日をお知らせします。

2019年度の開室日・時間
  火曜日(原則隔週):【11時から13時まで】・【14時から18時まで】
  金曜日(原則毎週):【10時から13時まで】・【14時から17時まで】
2019年12月は,
  火曜日:10日,24日
     【11時から13時まで】・【14時から18時まで】開室します。
  
  金曜日:6日,13日,20日,27日
     【10時から13時まで】・【14時から17時まで】開室します。
        
この時間内に足を運べないという方は,別途お問い合わせ下さい。
状況によっては,時間をずらして対応できる場合があります。

カテゴリー: お知らせ | 2019年12月の開室日をお知らせします。 はコメントを受け付けていません。

令和元年度第2回こころの健康セミナーの開催について

令和元年度第2回こころの健康セミナーの開催について
 令和元年度第2回こころの健康セミナーを,教職員及び学生を対象として
下記のとおり開催いたしますので,お知らせします。
 今回のセミナーでは,なんでも相談室カウンセラー 石 原 一 人 氏により
『「依存」ってなんだろう?』と題して講演いただきます。
 「依存」というと,アルコール依存や薬物依存をイメージされる方が多い
と思いますが,昨今は,それ以外にギャンブルや買い物,ゲームなどに対す
る依存もよく知られるようになってきました。
 また,依存する対象や度合いによっては,社会生活を送ることが困難となる
場合もあります。
 今回のセミナーが,皆様にとって「依存」について考えるきっかけとなり,
その認識・理解を深めていただける機会になればと思います。
 つきましては,教職員及び学生の皆様に多数ご参加いただきますよう,
よろしくお願いいたします。
 
              記
 日 時 : 12月10日(火)13時15分~14時15分
 場 所 : B32講義室(B3棟 1階102室)
 テーマ : 「依存」ってなんだろう?
講 師 : なんでも相談室カウンセラー 石 原 一 人 氏
                   
 ・事前の参加申込みは不要です。
 ・教職員及び学生多数のご参加をお待ちしております。
 ※ 参加されなかった方にもご覧いただけるよう,後日,講演内容
   を安全衛生管理室HPで配信(映像は講師のみ)予定です。

カテゴリー: お知らせ | 令和元年度第2回こころの健康セミナーの開催について はコメントを受け付けていません。

工学系部局なんでも相談室だより 2019年10月版

工学系部局なんでも相談室だより 2019年10月版【counseling room report】
 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。
―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
 大きな被害を残した台風が去って急に秋が深まってきました。朝晩はかなり冷え込むようになりましたがお変わりはないでしょうか?
 後期に入って相談室では、2、3年生の必修授業に訪問し、授業の冒頭の時間をいただいて相談室の利用ガイダンスを行っております。
ご協力いただいている先生方にはこの場を借りまして御礼申し上げます。
 この取り組みは多くの学生に相談室の存在を知っていただき、利用を通じて、メンタル不調に陥る学生を少しでも減らすことを目的に行っています。
相談室を訪れる学生は4年生以降が多い傾向があります。進路に関する悩みや研究室の人間関係、あるいは勉強から研究へのシフトチェンジなど、直面する課題が顕著になるのがこの学年であるという背景があるものと考えています。
 また、研究室配属によって本人を取り巻く人間関係がそれまでよりも密になり、結果的に本人の不調に周囲が気付きやすくなることで相談室の利用勧奨を受けやすいといったこともあるでしょう。
 一方、これら4年生以降で直面する課題は、当然のことながら工学部に移行となった2年生の時点ですでに内包されているものであります。専門科目の講義が始まり、それが段々と難易度を増していく中で思うように成果を上げられなかったり、友人とのネットワークで問題をうまく処理していくことができなかったり、そういった「うまくいかない経験」が少しずつ積み重なり消化しないままでいくと不調リスクは高まっていきます。
 1年生の時はクラスが、4年生以降は研究室が本人のサポートネットワークとして機能しますが、2、3年生についてはそういった半ば強制力のあるグループへの帰属が求められない分、人によっては孤立化し問題をこじらせてしまうケースも少なくありません。
 今回、直接的に学生に相談室の存在をPRすることでそういった問題を未然に防ぐきっかけになってくれればという思いでおります。
 相談室の利用に至らずとも、自分の不調に気付き友人やご家族に相談してみようと思ってもらえたり、実際に行動に移してくれたりすれば、それだけで問題発生の抑止を期待できます。すぐに結果が顕在化することは難しいかもしれませんが、こうした息の長い取り組みをこれからも検討していきたいと考えています。
 今後ともみなさまのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和元年9月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  6日
 {延べ利用件数}34件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇
―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に、利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.
工学系部局なんでも相談室だより 2019.10版【Counseling room report Version October 2019】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since […]

カテゴリー: お知らせ | 工学系部局なんでも相談室だより 2019年10月版 はコメントを受け付けていません。

2019年11月の開室日をお知らせします。(開室時間に一部変更があります。)

2019年度の開室日・時間
  火曜日(原則隔週):【11時から13時まで】・【14時から18時まで】
  金曜日(原則毎週):【10時から13時まで】・【14時から17時まで】
2019年11月の開室日
  火曜日:12日,26日      
  金曜日:1日,8日,15日,22日,29日
 なお,下記開室日については,都合により開室時間が変更となっておりますので,
ご留意願います。
 1日(金):【9:00~10:00・10:45~12:45】・【15:00~17:00】
 
 また,他の開室日においても,開室時間が変更となる場合もありえますので,
予約の際にあらためてご確認願います。
             
この時間内に足を運べないという方は,別途お問い合わせ下さい。
状況によっては,時間をずらして対応できる場合があります。

カテゴリー: お知らせ | 2019年11月の開室日をお知らせします。(開室時間に一部変更があります。) はコメントを受け付けていません。

工学系部局なんでも相談室だより 2019年9月版

工学系部局なんでも相談室だより 2019年9月版【counseling room report】
 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。
―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
暑かった夏から秋へとの季節の変わり目となりました。鼻風邪や喉を痛めている人が増えているようですが、みなさんはお変わりないでしょうか?
 どのような訳があるのか定かではありませんが、毎年秋には企業や法人などから管理職研修の講師を頼まれて出かける機会が増えます。
テーマは「メンタルヘルスについて」、「メンタルヘルス不調者への管理職対応について」などがほとんどで、どこも対応に苦慮されていることが感じられます。
 特に管理職というポジションでは、経営方針や業績と従業員の健康の維持というふたつの要素のバランスをどうとるのか、加えて世代的に自らとまったく異なる時代を生きてきた若年層をどのように理解しコミュニケーションをとっていくのかが問われ、管理職自体が健康問題を抱えてしまうことが少なくないようです。
 相手が同年代であろうが若年層であろうが円滑にコミュニケーションをとる方法に大きな違いはありません。お互いが相手に気持ちよく接することを気にかけていれば、自ずとうまくいくように思いますが、実際は「色眼鏡」が悪戯をしてぎくしゃくしてしまうこともあります。
「色眼鏡」は相手を理解しようとする前に「このひとは○○に違いない」と断定や否定をしてしまったり、自分の価値観を押し付けたりするものです。
いはく「最近の若者は」、「あいつは老害だ」といった双方のつまらないかけ違いが起こってしまうのではないでしょうか。
 若年層には若年層なりに人間関係を構築するための努力をしてもらい、管理職層世代も自分の足元をしっかり見つめ自分のコミュニケーションスタイルについて再考していきながら、お互いがもっと折り合える新たな着地点を見つけていく必要があるでしょう。
 若年層がキャリアを積んでいくためには適切なフォローとフィードバック、そして現場経験の積み上げが不可欠です。背中を見て感じて動いてきた世代も、きっとそういうサポートをかつて得ていたことと思います。それを少し現代風にアレンジして提供することができれば、新しい関係性を創りだせるでしょうしお互いのフォロワーシップも高まることと思います。
こうしたこともひとつの「働き方改革」なのではと思う昨今です。
―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和元年8月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  6日
 {延べ利用件数}43件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇
―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に、利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.
工学系部局なんでも相談室だより 2019.9版【Counseling room report Version September 2019】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since […]

カテゴリー: お知らせ | 工学系部局なんでも相談室だより 2019年9月版 はコメントを受け付けていません。

2019年10月の開室日をお知らせします。(開室時間に変更があります。)

2019年度の開室日・時間
  火曜日(原則隔週):【11時から13時まで】・【14時から18時まで】
  金曜日(原則毎週):【10時から13時まで】・【14時から17時まで】
2019年10月の開室日
  火曜日:8日,15日,29日      
  金曜日:4日,11日,18日,25日
 10月の開室時間は,都合により下記のとおり変更となりますので,
ご留意願います。
 4日(金):【 9:00~12:00】・【14:15~16:15】
 8日(火):【9:00~10:00・10:45~12:45】・【14:15~17:15】
11日(金):【 9:00~12:00】・【14:15~16:15】
15日(火):【11:00~13:00】・【14:00~18:00】
18日(金):【 9:00~12:00】・【14:15~16:15】
25日(金):【9:00~10:00・10:45~12:45】・【14:15~16:15】
29日(火):【11:00~13:00】・【14:00~18:00】
 
 なお,開室時間がさらに変更となる場合もありえますので,
予約の際にあらためてご確認願います。
             
この時間内に足を運べないという方は,別途お問い合わせ下さい。
状況によっては,時間をずらして対応できる場合があります。

カテゴリー: お知らせ | 2019年10月の開室日をお知らせします。(開室時間に変更があります。) はコメントを受け付けていません。

工学系部局なんでも相談室だより 2019年8月版

工学系部局なんでも相談室だより 2019年8月版【counseling room report】
 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。
―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
 酷暑、お盆、台風が過ぎてまだ暑さは残るものの、すでに空は秋模様となりました。身体には堪える夏でしたがお変わりありませんか?
 毎年9月10日はWHO(世界保健機関)の定めた世界自殺予防デーです。日本ではこれに合わせて9月10日から16日を自殺予防週間とし、自殺を予防するための正しい知識を普及啓発し、その誤解や偏見をなくすための様々な活動が行われています。
 昨年度の自殺者数は2万1千人弱と平成15年の約3万5千人をピークに徐々に減少しつつあり、自殺死亡率も16.5と統計のある昭和53年以降最少となっています。これは良い傾向ではありますが、40歳代以降で自殺者数が大きく減少している一方で、学生・生徒を含む世代では微減にとどまっていることなど、学校関係者等には重いデータとなっています。
 自殺の原因は多様です。様々な背景や要因が連鎖的に絡まり、衝動性がそこに加わることで起こると言われています。統計的には健康問題、経済問題が主因とされていますが、自殺の直前には多くの場合精神疾患にかかっていたと思われるとWHOは報告しています。
 そういった状況にある人たちに私たちができることはなんでしょうか?それは接点をつくり、できれば会話をすることです。人との関わりは孤立化を防ぎ、孤独を解消します。精神的に追い込まれている時、あるいはうつ病などの精神疾患に苛まれていると、人は精神的視野狭窄を起こして自分の世界だけで物事を完結させてしまおうと考えがちです。誰かと話すということは自分の外界から刺激を受けるということであり、その刺激は少しだけ物のとらえ方を広くさせます。そういった出来事がつながることで徐々に視野が確保され自分を客観視できるようになります。自己の客観視は自殺リスクは相当小さくさせることができるのです。
また、身近な人の死はその周辺にいる多くの人に大きな影響を与え、健康リスクを高めることになります。
自殺を考えるほどに追い込まれている人にとっても、その周囲にいる私たちにとっても、非常に重要な問題であるといえます。
自殺予防週間がそんなことをふと考えるきっかけになればと思います。 
―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和元年7月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  7日
 {延べ利用件数}51件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇
―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に、利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.
工学系部局なんでも相談室だより 2019.8版【Counseling room report Version August 2019】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since […]

カテゴリー: お知らせ | 工学系部局なんでも相談室だより 2019年8月版 はコメントを受け付けていません。

2019年9月の開室日をお知らせします。

2019年度の開室日・時間
  火曜日(原則隔週):【11時から13時まで】・【14時から18時まで】
  金曜日(原則毎週):【10時から13時まで】・【14時から17時まで】
2019年9月は,
  火曜日:10日,24日
     【11時から13時まで】・【14時から18時まで】開室します。
  
  金曜日:6日,13日,20日,27日
     【10時から13時まで】・【14時から17時まで】開室します。
        
この時間内に足を運べないという方は,別途お問い合わせ下さい。
状況によっては,時間をずらして対応できる場合があります。

カテゴリー: お知らせ | 2019年9月の開室日をお知らせします。 はコメントを受け付けていません。

工学系部局なんでも相談室だより 2019年7月版

工学系部局なんでも相談室だより 2019年7月版【counseling room report】
 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。
―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
 相談室の石原です。
 蝦夷梅雨のスッキリしない天気が続いていますがお変わりありませんか?
 先日、今年度第1回目のこころの健康セミナーを「カウンセラーがお答えします」というタイトルで開催いたしました。
ご出席いただいたみなさま、ありがとうございました。
 今回は、事前にアンケートを行いみなさんが疑問に思っている、こういう場合どのように対応すればいいのかといった具体的な質問にひとつひとつお応えするという形式でセミナーを設定いたしました。
 ご質問は大きく分けますと⓵病気に関すること⓶不調と病気の見極め⓷支援の在り方と情報共有、の3つに分類できるように思います。
 学生あるいは同僚としての教職員をサポートする私たちは、医師ではなく診断や治療を行うことはできませんが、その方の健康被害を発生させない、あるいは発生しても最小限にとどめ早期の回復を促すことができます。治療は医師に任せ、環境を調整したり、当事者が抱える問題を本人がマネジメントできるよう支援をすることは、時に治療と同等の効果を生み出します。
 そのためには、支援者が個々で問題を背負い込むことなく、複数でチームを組んで対応することが重要であると考えています。それは当事者にとって健康を守るセーフティネットにもなります。
 相談室は専門的な視点をセーフティネットに提供できるように今後も活動してまいります。何かございましたら、お気軽にご利用ください。
―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和元年6月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}   6日
 {延べ利用件数}42件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇
―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に、利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.
工学系部局なんでも相談室だより 2019.7版【Counseling room report Version July 2019】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since […]

カテゴリー: お知らせ | 工学系部局なんでも相談室だより 2019年7月版 はコメントを受け付けていません。