ホーム>最新情報>9/15-9/17 医学物理学会 で新井洋平(M2)が「Clinical feasibility of target tumor localization algorithm using multiple fiducial markers for Real-time Tumor-tracking Proton Therapy」、運野宗一郎(M2) が「A study of checking method for Water-Equivalent Thickness change using CBCT in Proton Therapy 」を発表しました。

9/15-9/17 医学物理学会 で新井洋平(M2)が「Clinical feasibility of target tumor localization algorithm using multiple fiducial markers for Real-time Tumor-tracking Proton Therapy」、運野宗一郎(M2) が「A study of checking method for Water-Equivalent Thickness change using CBCT in Proton Therapy 」を発表しました。

2018年10月12日

このページの先頭へ