ホーム>最新情報>松浦妙子准教授が第111回日本医学物理学会学術大会(横浜)で「A comparison study of motion interplay effects between IMPT and SFUD in liver real-time-image gated, spot-scanning proton beam therapy」を発表しました。

松浦妙子准教授が第111回日本医学物理学会学術大会(横浜)で「A comparison study of motion interplay effects between IMPT and SFUD in liver real-time-image gated, spot-scanning proton beam therapy」を発表しました。

2016年05月12日

このページの先頭へ