長田真由子(M1)が第110回日本医学物理学会学術大会で「陽子線治療における体内密度不均質性で生じる線量分布計算誤差の基礎検討」をポスター発表しました(北海道大学 学友会館フラテ)

2015年09月19日

このページの先頭へ