体内で動くがんを正確に照射するためのリアルタイムイメージング技術の研究開発

呼吸により体内で動くがんに対する放射線治療では、体内のがんの位置を正確に把握するだけでなく、周辺臓器の状態も把握し、治療ビームの照射制御をおこなう技術が求められています。現状、体内マーカを利用してがんの位置をモニタする技術は確立していますが、周辺臓器を含むボリュームデータをリアルタイムで得る方法は実現できておらず、体厚などが大きく変化した場合に線量誤差が生じる可能性があります。
本研究室では、治療計画時に得られる体内マーカや体表面の情報から、体内で生じる変形をモデル化し、がんや周辺臓器を含むボリューム画像をリアルタイムで合成する方法を研究しています。これにより、呼吸で動くがんに対して、より正確な照射が可能になると期待されます。
図1a 図1

このページの先頭へ