治療計画予測手法の開発

放射線治療において最適なビーム配置や照射量を求め照射パラメータを決定する治療計画は、腫瘍と周辺正常組織へ付与される線量を左右する重要なプロセスです。治療計画は一般に多くの時間と労力を要し、またその品質は作成者の経験に大きく依存するという課題があります。ここで、個々の患者に対して達成可能な治療計画が予測できれば、治療計画の省力化・効率化、また品質の均てん化に役立つと期待されます。
本研究室では、腫瘍および正常組織へ付与される線量を推定するための治療計画予測手法の開発を行っています。各組織への線量付与割合を表すヒストグラム(Dose-volume histogram; DVH)を関数でモデル化し、そのパラメータを学習データから決定することで最終的な付与線量を予測します。このモデル化およびパラメータの決定において陽子線治療の線量分布特性を加味することでDVH予測精度を改善するための検討を行っています。

このページの先頭へ