最新情報

  • 2019年12月08日
    12/6-12/8 ESTRO meets Asia 2019で田中創大助教が「Development of Gated Proton Imaging System for Moving Target」を発表しました。
  • 2019年11月06日
    11/6 第5回北大・部局横断シンポジウムで笠松幸生(M2)が「陽子線照射中のがん細胞における亜致死損傷回復速度のLET依存性検証」を発表しました。
  • 2019年10月31日
    横川航平(D3/学術研究員)の論文「A new SOBP-formation method by superposing specially shaped Bragg curves formed by a mini-ridge filter for spot scanning in proton beam therapy」がPhysica Medicaに掲載されました。
  • 2019年09月15日
    9/12-9/15 第118回日本医学物理学会学術大会で、上坂智紀(M2)が「Proton beam range verification based on the gold marker acoustic resonance method: an initial study using FFAG」を、大塚雪子(M2)が「Image quality evaluation for four-dimensional cone-beam CT reconstruction using orthogonal X-ray imaging system on a gantry for proton beam therapy 」を、笠松幸生(M2)が「Dependence of the Sub-Lethal Damage Repair Rate on LET in Proton Irradiation : An Initial Study」を、齋藤誠司(M2)が「Numerical Simulations for Soft Error Phenomena in Semiconductor Devices in Spot-Scanning Proton Therapy」を発表しました。
  • 2019年08月19日
    8/19 The 7th GI-CoRE Medical Science and Engineering Symposium FLASH, MBA, &4DRTで上坂智紀(M2)がBest Poster Awards(Silver Award)に選ばれました。
  • 2019年08月19日
    8/18-8/19 The 7th GI-CoRE Medical Science and Engineering Symposium FLASH, MBA, &4DRTで上坂智紀(M2)が「Proton beam range verification based on the acoustic resonance method using a gold marker: an initial study using FFAG」を、笠松幸生(M2)が「SLD repair impact on prolonged proton irradiation with various biological parameters」を発表しました。
  • 2019年07月07日
    上野航生(卒業生)の論文「Physical and biological impacts of collimator-scattered protons in spot-scanning proton therapy」がJournal of Applied Clinical Medical Physicsに掲載されました。
  • 2019年06月15日
    6/10-6/15 58th Annual Conference of the Particle Therapy Co-operative Group (PTCOG58)で田中創大助教が「Quantitative evaluation method for metal artifact in virtual monochromatic CT image」を、高柳泰介(D2)が「Development of a proton range-verification method using ionoacoustic waves generated from spherical metal markers」を発表しました。
  • 2019年04月14日
    高柳泰介(D2)が117回日本医学物理学会学術大会で医学物理学会大会長賞に選ばれました。
  • 2019年04月14日
    4/11-4/14 第117回日本医学物理学会学術大会で田中創大助教が「Study on proton CT imaging using clinical proton beam」を、高柳泰介(D2)が「Simulation studies of a proton range-verification method using ionoacoustic wave generated from spherical gold fiducials」を発表しました。
  • 2019年03月08日
    高柳泰介(D1)の論文「A novel range-verification method using ionoacoustic wave generated from spherical gold markers for particle-beam therapy: a simulation study」がScientific Reportsに掲載されました。
  • 2019年01月05日
    Hoshina Rikaの論文「A Literature Review of Proton Beam Therapy for Prostate Cancer in Japan」がJournal of Clinical Medicineに掲載されました。
  • 2018年12月08日
    12/7-12/8 4D Treatment Workshop for Particle Therapy 2018で新井 洋平(M2)が「Accuracy of target localization algorithm using multiple fiducial markers for Real-time Tumor-tracking Proton Therapy」を、袖田哲寛(M2)が「A study on the influence of changing the motion recognition rate on spot-scanning proton therapy」を発表しました。
  • 2018年11月19日
    11/14-11/19 The 50th Congress of the International Society of Paediatric Oncologyで松浦妙子准教授が「Target Motion and Specificity of Hadrontherapy」(シンポジウム)を発表しました。
  • 2018年10月13日
    9/15-9/17 医学物理学会 で石田洸樹(M1)が「Evaluation of Dosimetric Error for Real-Time Motion Tracking Irradiation for Scanning Direction in Proton Beam Therapy」、藤田祥永(M1)が「Development of interactive image registration method between planning CT and CBCT for proton therapy」を発表しました。
  • 2018年10月12日
    9/15-9/17 医学物理学会 で新井洋平(M2)が「Clinical feasibility of target tumor localization algorithm using multiple fiducial markers for Real-time Tumor-tracking Proton Therapy」、運野宗一郎(M2) が「A study of checking method for Water-Equivalent Thickness change using CBCT in Proton Therapy 」を発表しました。
  • 2018年08月01日
    7/29-8/2 アメリカ医学物理学会で、宮本直樹准教授が以下の発表を行ないました。「Real-time volumetric image generation with CT image deformation driven by displacement of internal fiducial markers」「A robust tracking algorithm for implanted marker of fluoroscopic images in a real-time tumor-tracking system」「A study on the influence of changing the motion recognition rate on the dose accuracy of spot-scanning proton therapy」「A study on the influence of changing the motion recognition rate on the dose accuracy of spot-scanning proton therapy」
  • 2018年08月01日
    7/29-8/2 アメリカ医学物理学会で、松浦妙子准教授が「 An Investigation of Biological Impact Caused by Edge-Scattered Protons in Pencil Beam Scanning Proton Therapy」「 A Study On the Influence of Changing the Motion Recognition Rate On the Dose Accuracy of Spot-Scanning Proton Therapy」を口頭発表しました。
  • 2018年06月12日
    4/17-4/21 16th Urological Association of Asia Congress 2018で宮本直樹准教授が「Determination of the urethra position for accurate radiation therapy of prostate cancers」を発表しました。
  • 2018年06月01日
    松浦妙子准教授の論文「 An analytical dose-averaged LET calculation algorithm considering the off-axis LET enhancement by secondary protons for spot-scanning proton therapy」がMedical Physics誌に掲載されました。
このページの先頭へ