複合量子ビーム超高圧電子顕微鏡

300kV、400kVイオン加速器2台と1300kVの超高分解電顕(点分解能0.117nm)を連結したマルチビーム超高圧電子顕微鏡に、複数のレーザーを利用できる光学系を増設し、イオンビーム、レーザー光、電子など世界で初めて複数の量子ビーム照射下で原子レベルでのその場観察が 可能な複合量子ビーム超高圧電子顕微鏡を開発しました。今後、その場観察だけでなく量子ビーム照射によるルミネッセンスや物性の測定を同時に出来るシステムの開発を進め物質・材料・バイオ研究に貢献できるナノバイオ量子ビーム超高圧電子顕微鏡の開発に挑戦します。北海道大学全学共同利用施設として学内の関連講座と連携し学部生、大学院生の教育研究活動に協力し、さらに「ナノテクノロジープラットフォーム」等の支援事業に参画することで国内外の研究者に広く門戸を開放し共同研究を行なっています。超高圧電子顕微鏡室パンフレット(PDF)

ニュース