応用物理工学とは

応用物理工学コース

応用物理学の研究対象は、壮大な宇宙のスケールから直接見ることの出来ない原子スケール、古典力学系から量子力学系、また金属や半導体などの硬い物質から、高分子、生体、液晶などの柔らかい物質、そして規則正しい構造や常識をひっくり返す対称性を持つ構造です。その研究の幅は、興味が続く限り際限なく広がる、そういう学問です。

代表的な研究を紹介します

光・音
光と音を思いのままに
トポロジー
「形」の不思議
ネットワーク
複雑な世界
新物質
新物質をつくろう!
半導体
半導体でいっぱい!

コース概要

今日、物理学に基礎を置く科学と技術の融合は益々重要性を深めています。応用物理工学コースでは、物理学の基礎と応用に関する教育を通して、21世紀の科学技術を担う広い視野と柔軟な考え方を持ち、新しい学問領域や新しい技術に独創的な貢献をする人材の育成を目指しています。

研究のキーワード

複雑ネットワーク超伝導現象論トポロジカル量子現象スピン軌道相互作用グラフェン・カーボンナノチューブ電子の量子輸送現象トポロジー理工学トポロジカル物理1次元・2次元量子物質走査型トンネル/電子顕微鏡電荷密度波・超伝導弾性波イメージングピコ秒超音波音響メタマテリアル準結晶X線・粒子線高次元結晶学ナノテクノロジーグラフェンH2O科学ソフトマター非平衡物理学レオロジー数サイクル域超短光パルストポロジカル光波広帯域光周波数走査レーザ干渉計核スピンエンジニアリング多次元分光高次高調波発生量子光学実験多次元偏光計測光渦・偏光渦天文光学フォノニック結晶ナノ構造における電子-フォノン相互作用熱伝導ナノ結晶成長量子情報処理半導体量子ドット量子暗号通信ポンププローブ分光高温超伝導光誘起相転移有機分子性結晶高圧下物性測定