このページの本文へ移動
FieldCloud

Field Cloudの使い方

人工知能

情報理工学コース人工知能(Artificial Intelligence, AI)は、コンピュータに人間と同様の知能を実現させようという試み、あるいはそのための一連の基礎技術のこと。AIは、ゲームなどにおいて人間を越える能力を発揮したり、RPGゲームのステージなどを自らデザインする。また、言葉をある程度理解し、クイズなどの質問に応答する。カメラの目で見ているシーンについて、ある程度理解することもできる。

メディアネットワークコース人間は、さまざまな手段によって、自身に必要となる知識を収集・評価・記憶しながら、新しいものを生み出していく。知識獲得とは、このような機能をコンピュータに実現する手法をいう。この機能が実現されれば、膨大なデータから自動で学習を行い、必要な知識を自律的に獲得することができる。人間が必要な知識である常識はこれまで人手により構築されてきましたが、その膨大さのため未だに十分な量になっていない。そこでインターネット上にある膨大なテキストデータを利用して、常識データベースを自動的に構築するという研究も行っている。

この研究分野に関連する研究室

調和系工学研究室

教授 鈴木 恵二 | 准教授 川村 秀憲 | 特任助教 平田 圭

研究室のサイトへ移動します。

情報技術で社会の調和に貢献する

「情報技術の力をもってより良い世界の創出に貢献すること」が目標です。そのために今の社会をグローバル・ミクロの双方の視点から探るとともに、新しい実社会ITサービスの創出および新しい自律分散システムの構築が調和系工学の目指すものです。

つづきを表示

知能ソフトウェア研究室

教授 栗原 正仁 | 准教授 小山 聡 | 助教 佐藤 晴彦

研究室のサイトへ移動します。

知的なソフトを知的に創りたい

ソフトウェア工学(SE)および人工知能(AI)にかかわる独創的で社会に役立つ研究を通じて、北海道大学の4つの基本理念すなわち「フロンティア精神」、「国際性の涵養」、「全人教育」および「実学の重視」に沿った教育を実践します。

つづきを表示

ヒューマンコンピュータインタラクション研究室

教授 小野 哲雄 | 准教授 井上 純一 | 助教 棟方 渚

研究室のサイトへ移動します。

ロボットと情報を科学する

人間がロボットをはじめとする人工物と円滑にインタラクションを行うためには、そこで用いられる情報の理論的な解析やモデル化、およびその成果の実システムへの応用が必要となります。本研究室では、理論と応用の融合を目指し、研究開発を行っています。

つづきを表示

情報システム設計学研究室

教授 棟朝 雅晴 | 特任教授 赤間 清

研究室のサイトへ移動します。

本質を究め、大きなスケールで

人間の知能の深い構造を、プログラムの自動生成や進化計算などを基礎としたシステム設計の視点から明らかにするとともに、発展するソフトウェアや進化システムを核とする新しい工学的技術体系を確立し、その大規模化による広範な工学的応用を目指します。

つづきを表示

知識ベース研究室

教授 原口 誠 | 准教授 吉岡 真治 | 助教 大久保 好章

研究室のサイトへ移動します。

知識の発見・組織化・再利用

問題解決に役立つ情報の組織化と再利用を目指した研究を行っています。具体的には、Webを代表する大規模情報処理において、情報と情報、情報と人を繋ぐ隠れた情報の認識と検出が鍵であり、皆が手軽に入手できる情報だけでは物足りないと考えています。

つづきを表示

アルゴリズム研究室

教授 Zeugmann Thomas | 教授 湊 真一 | 助教 Charles Jordan

研究室のサイトへ移動します。

世界レベルのアルゴリズム研究

離散数学に基づく計算量の解析や、機械学習・暗号処理アルゴリズムの研究を行っています。一方、論理関数や集合データ等の大規模な離散構造を計算機で効率よく扱うアルゴリズムの研究開発を行っており、世界的にも認められた成果を上げています。

つづきを表示

知能情報学研究室

教授 杉本 雅則 | 准教授 野中 秀俊 | 助教 吉川 毅

研究室のサイトへ移動します。

安全安心のための賢い環境の設計

われわれを賢く支援してくれる革新的なシステムやそのデザインに関する研究を行います。実世界センシング、人工知能、ヒューマンコンピュータインタラクション等に関する基盤技術を追究し、それらの統合を通して安全かつ安心に過ごせる未来社会を提案します。

つづきを表示

言語メディア学研究室

教授 荒木 健治 | 准教授 伊藤 敏彦 | 助教 Rzepka Rafal

研究室のサイトへ移動します。

人間と同等の言語能力を持つシステムを作る

言語を獲得し、理解し、感情を持ち、常識を持ち、自我を持つシステムの開発を目指します。応用システムとしては、話し相手としてのロボット、言葉による情報検索、常識を持って行動するロボット、母国語話者と対等に討論ができる機械翻訳システム等があります。

つづきを表示

このキーワードを選択した人は、こんなキーワードも見ています。

Flash