なんでも相談室って?

【相談室ってどんなところ?】

なんでも相談室とは,工学系団地に所属する人※脚注なら学生や教職員等の区別なく,どなたでも無料で利用する事のできるお悩み相談室です。
精神的・心理的なトラブルを取り扱う病院の医師の場合,相談者が患者であることを前提に話をしますので,病状とは関係のない世間話等は避けられがちです。
(もちろん,全く世間話をしないわけではありません。病院の受入人数には限界があり,医師として治療を行わなければならないため,時間制限があるのは仕方がないのですが。)
しかし,精神的・心理的なトラブルは,ほんのささいな心のしこりや,胸に抱えた何気ない悩みを誰かに打ち明けることで,深刻な病気となることを予防し,改善されるケースが多々あります。

この相談室では,医師ではなく心理的ケアを専門とするカウンセラーが相談対応を行うため,薬の処方など医学的な治療はできません。
ですが,面談にゆっくりと時間をかけ,たくさんのお話を伺い,心のケアをお手伝いすることができます。
相談者が面談を通じてスッキリしていただければベストですが,医師の治療でより効果的に相談者をケアできるとカウンセラーが判断した場合は,相談者に同意を得た上で適切な機関に引き継ぎを行います。

【どんなことを相談できるの?】

相談される内容に制限はありません。
学生の皆さんなら,大学で活動している上での学業に関する悩みや,友人との交友関係など。
教職員の皆さんなら,勤務上の悩みや,家族に起因する不安・疑問など。
大学に関することはもちろんですが,そうでないプライベートなことや世間話など,なんでも構いません!

・住居(契約,保証,トラブル等)
・学校(成績,勉学意義,試験,進路,就職活動,アカハラ・セクハラ※脚注等)
・交流(友人・指導者・上司・部下等人間関係,恋愛相談,コミュニケーション等)
・生活(法律問題,病気等,メンタルヘルス,引きこもり,いじめ,アルバイト等)
・家族(子どもの教育,家族との触れ合い,地域付き合い,ドメスティックバイオレンス,虐待等)
・身体(健康管理,ストレス,コンプレックス,トラウマ等)
・宗教(神仏,信仰心,カルト等)
・緊急(事故,災害,感染症等)

お悩みとなるであろう代表的なものを列記しましたが,これらに当てはまらないことであっても,あなたが困っている・悩んでいるならば,お話を伺います。
『身近に悩みを抱えていそうな人がいるんだけど,どう接してあげればいいか……』ということも,よく伺うお悩みのひとつです。
『なにが悩みの原因なのか…?そもそもなにを話せばいいのか…?』と感じられる方は,まず世間話目的に来て下さい。
カウンセラーと何気ない日常の出来事を話しているうちに『これが悩みの原因だったんだ!』と気付かれ,それだけで気持ちが晴れやかになる方も沢山いらっしゃいます。


※脚注 工学系団地とは
→工学部,工学研究院,工学院,工学研究科,総合化学院,情報科学研究科,量子集積エレクトロニクス研究センター等工学系の団地にある建物で大学関係活動に従事している方を全て指します。


※脚注 アカハラ・セクハラ
→アカデミックハラスメント(アカハラ)・セクシュアルハラスメント(セクハラ)については,北海道大学として対応する部署が別途用意されています。
お悩みを伺った結果,それがアカハラ・セクハラに起因するとカウンセラーが判断した際は,対応部署に適切に引き継ぎを行います。

コメントは受け付けていません。