工学系部局なんでも相談室だより(H23.3版)

工学系部局なんでも相談室だより H23.3月版

◇なんでも相談室から工学系部局の皆様へ,カウンセラーのコメントや,利用状況など定期的に発信させていただきます◇


―【カウンセラーより】――――――――――――――――――――――

 この度の地震・津波による被害にあわれたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

 北海道では太平洋沿岸を中心に被災された方も多くいらっしゃると報道にありますが、一日も早く安心して暮らせる日が訪れますよう、私もできることをしてまいりたいと思っております。

 3月は、学期の終わり、年度の終わりの月です。多くの方がなんらかの節目を迎え、環境が変わるのではないでしょうか。出会いと別れが錯綜しあわただしい毎日の中で、知らず知らずに疲れを溜め込んでしまうこともあると思います。
 昔から木の芽どきには気分の変化が大きくなると言われていますが、その信ぴょう性はさておき、疲労が重なる時期でありますので、体調管理には留意されてください。
 草花は新芽を出そうとエネルギーに満ちた活動を始めています。そのエネルギーに「あてられる」ことなく、心身ともに健康な状態で4月を迎えられるようにしたいですね

 この3月で大学を卒業されるみなさん、職場を勇退されるみなさん、おめでとうございます。今後の人生がますます輝くものになりますよう、心からお祝い申し上げます。

―【事務担当より】―――――――――――――――――――――――

なんでも相談室事務担当です。

カウンセラーからの繰り返しになってしまいますが,東北の大地震による被害に遭われた方々には,心よりお見舞い申し上げます。

今回の地震は非常に広範囲に影響を及ぼしました。
地震や津波による直接的な被害は勿論ですが,災害に対する恐れは,直接的な被害が無かった地域の方々にも影響を及ぼしたと思います。
このような時は,意識せずともネガティブな思考に陥りがちですが,現地の方々はしっかりと前を向き,復興に向けて活動されているようです。
私の仕事の関係で現在東北の方とやりとりをしているのですが,つい最近,高速道路等の流通経路が復旧したとのことでした。

 『大変ですけど,ヘコんでいるわけにもいかないですから!』
前述した東北の方の言葉です。
私達が出来ることの一つに,このような状況だからこそ前を向き,被災された皆様に元気を分けられるくらいのパワーで新年度を迎えることが重要なのだと思いました。

―【相談室利用状況簡易報告(2月)】―――――――――――――――

1月の利用状況をお知らせします。
{開室日数} 3日
{のべ利用件数} 14件(学外カウンセリングルーム含む)
{主に寄せられている相談内容} 健康,生活,人間関係

◇利用状況は,原則簡易情報のみ。詳細について回答することは出来ませんのでご了承下さい◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――

このたよりは,工学系部局に在籍する全ての教職員を対象にメール送信しています。
学生さんのアドレスや研究室メールリスト等を送信先に追加したい場合は,ご連絡いただければ追加します。

周りに相談室のことを知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には,ホームページのことを教えてもらえれば幸いです。
その他に,利用方法や開室場所,開室日時等をまとめたリーフレットなどもありますので,周知を検討されている方はご相談下さい。

カテゴリー: 相談室だより タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。