工学系部局なんでも相談室だより 2019年10月版

工学系部局なんでも相談室だより 2019年10月版【counseling room report】

 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
 大きな被害を残した台風が去って急に秋が深まってきました。朝晩はかなり冷え込むようになりましたがお変わりはないでしょうか?
 後期に入って相談室では、2、3年生の必修授業に訪問し、授業の冒頭の時間をいただいて相談室の利用ガイダンスを行っております。
ご協力いただいている先生方にはこの場を借りまして御礼申し上げます。
 この取り組みは多くの学生に相談室の存在を知っていただき、利用を通じて、メンタル不調に陥る学生を少しでも減らすことを目的に行っています。
相談室を訪れる学生は4年生以降が多い傾向があります。進路に関する悩みや研究室の人間関係、あるいは勉強から研究へのシフトチェンジなど、直面する課題が顕著になるのがこの学年であるという背景があるものと考えています。
 また、研究室配属によって本人を取り巻く人間関係がそれまでよりも密になり、結果的に本人の不調に周囲が気付きやすくなることで相談室の利用勧奨を受けやすいといったこともあるでしょう。
 一方、これら4年生以降で直面する課題は、当然のことながら工学部に移行となった2年生の時点ですでに内包されているものであります。専門科目の講義が始まり、それが段々と難易度を増していく中で思うように成果を上げられなかったり、友人とのネットワークで問題をうまく処理していくことができなかったり、そういった「うまくいかない経験」が少しずつ積み重なり消化しないままでいくと不調リスクは高まっていきます。
 1年生の時はクラスが、4年生以降は研究室が本人のサポートネットワークとして機能しますが、2、3年生についてはそういった半ば強制力のあるグループへの帰属が求められない分、人によっては孤立化し問題をこじらせてしまうケースも少なくありません。
 今回、直接的に学生に相談室の存在をPRすることでそういった問題を未然に防ぐきっかけになってくれればという思いでおります。
 相談室の利用に至らずとも、自分の不調に気付き友人やご家族に相談してみようと思ってもらえたり、実際に行動に移してくれたりすれば、それだけで問題発生の抑止を期待できます。すぐに結果が顕在化することは難しいかもしれませんが、こうした息の長い取り組みをこれからも検討していきたいと考えています。
 今後ともみなさまのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和元年9月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  6日
 {延べ利用件数}34件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に、利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより 2019.10版【Counseling room report Version October 2019】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
Ishihara from the consultation room.
The typhoon that left a lot of damage left and autumn suddenly deepened. The morning and evening are getting colder. How are you.
In the second half of the year, the counseling room visits the compulsory classes for the second and third graders, and provides guidance for using the counseling room at the beginning of the class.
I would like to take this opportunity to thank the teachers who have cooperated.
The purpose of this initiatives is to reduce the number of students who are mentally unwell through use by allowing many students to know the existence of a consultation room. There are many students who visit the counseling room after 4th grade. I think that this school year has a background in which the challenges faced, such as concerns about career paths, laboratory relationships, or shift changes from study to research, become prominent.
In addition, the relationship between the person and the person in the laboratory will become more dense than before, and as a result, it will be easier to notice the surroundings of the person, and the counseling room will be recommended.
On the other hand, the challenges faced in these 4th grade and beyond are, of course, already included in the 2nd grade assigned to the Faculty of Engineering. Lectures on specialized subjects have started, and as the level of difficulty has gradually increased, we have not been able to produce results as expected, or we have not been able to handle problems well with a network with friends. The risk will increase as unsuccessful experience accumulates little by little and remains undigested.
The class functions as a support network for the first-year students and the laboratory for the fourth-year students and later, but for the second and third-year students, it is not necessary to belong to such a semi-enforceable group. There are many cases where it becomes isolated and causes problems.
This time, I would like to prevent such problems by directly publicizing the existence of the counseling room to students.
Even if you do not use the counseling room, if you notice your problems and want to talk to your friends and family, or if you actually take action, you can expect to prevent problems from occurring. It may be difficult to see the results immediately, but I would like to consider these long-term initiatives.
We look forward to your continued cooperation.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in September.
{Opening days}
6 days
{Total number of items to be used}
34 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントは停止中です。