工学系部局なんでも相談室だより 2019年5月版

工学系部局なんでも相談室だより 2019年5月版【counseling room report】

 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
桜も終わりいよいよ新緑の映える季節です。朝晩の気温差はまだ大きいですが、仕事にプライベートに過ごしやすい季節になりましたね。
 4月から新生活もひと段落し、徐々に新しい環境、新しい人間関係に慣れて来られた頃だと思います。
中にはゴールデンウイークが明けても休みモードからなかなか抜け出せない方もいらっしゃるかもしれませんので、今回はよく言われる「生活リズムを整えること」についてお伝えします。
 だらしない生活を送ってはダメ、いつまでも寝てないでサッサと出かけなさい。こういった台詞はよく耳にすることと思います。
いわゆるちゃんとした生活態度を身に付けないといけませんよという昔からの教えですが、実は健康管理という視点から見てもこれはかなり意味のある訓示です。
 私たちは仕事や勉強のオンタイムと休養や睡眠といったオフタイムを交互に繰り返しながら生活しています。これらの切り替えは自律神経が担っていますが、オンタイムは交感神経、オフタイムは副交感神経がそれぞれ優位に働くことで活動を円滑に遂行させています。
 大雑把に言いますと朝目覚めることで交感神経のスイッチが入り、日中にピークを迎え、夕方以降は徐々に副交感神経の働きが高まり、起床から14~17時間後に睡眠に入りやすい状況になるというリズムで私たちはプログラムされています。ですから起床が遅ければ夜眠くなるもの遅くなりますし、起床が早ければ夜の浅い時間に眠くなります。
睡眠時には内臓機能の修復や脳の情報整理などが行われ疲労回復が図られますので、十分な睡眠が得られないと翌日以降、集中力の減退、日中の眠気など日中活動に影響を与えますし、免疫機能の低下による体調不良を引き起こす原因にもなります。
「生活リズムを整えること」は、こうした自律神経のバランスを整えることで健康的な生活を維持させるという大きな目的があります。
 また、朝起きるだけで嫌でも交感神経のスイッチは入りますが、いつまでも布団の中で過ごしたり、ぼーっとテレビやネットを眺めていると、せっかくオンになった交感神経も副交感神経の活動がなかなか低位になってくれないので本格的な活動を始めにくくさせてしまいます。
顔を洗う、朝ご飯を食べる、といった何か行動を起こすことでオンタイムのきっかけは掴めますから、まずは決まった時間に布団から出ることを目標に毎日のリズム作りをされると良いと思います。
 これらは健康管理にとどまらず、学生さんからの相談に多い「やる気が出ない」状況の改善や抑うつ症状などの緩和にも共通して役立つことですので、頭の隅のどこかにおいて休みモードからの脱却に役立てていただければと思います。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
平成31年4月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}   6日
 {延べ利用件数}41件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に,利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより 2019.5版【Counseling room report Version May 2019】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
It is Ishihara of the consultation room.
It is the season when the cherry blossoms are finally over. Although the temperature difference between morning and evening is still large, it has become a season when it is easy to spend privately for work.
We have a new life has taken a while since April, and we are getting used to the new environment and new relationships.
Some of you may not be able to get out of the rest mode even after the Golden Week is open, so this time we will tell you about “regulating life rhythm”.
Don’t live a sloppy life, go out soon without sleeping longtime. I think these words are often heard.
It is a long-standing teaching that you must learn what is called a proper living attitude, but in fact from a health management point of view this is a very meaningful instruction.
We live by alternately repeating work and study on-time and rest and sleep. The autonomic nerves are responsible for these switching, but the on-time and the off-time perform their activities smoothly because the sympathetic nerves dominate and the parasympathetic nerves dominate.
Roughly speaking, waking up in the morning turns on the sympathetic switch, and peaks in the daytime, and after the evening the parasympathetic function gradually increases, and it becomes easy to enter sleep 14 to 17 hours after waking up. In rhythm we are programmed. So if you get up late you cannot get sleep early, and if you get up early you can get sleep early.
During sleep, visceral function is restored and brain information is organized, and fatigue recovery is achieved. If sufficient sleep cannot be obtained, the day after day activities such as concentration decline and daytime sleepiness are affected from the next day. It also causes poor health due to poor immune function.
“Adjusting the life rhythm” has the major purpose of maintaining a healthy life by adjusting the balance of these autonomic nerves.
You can also turn on the sympathetic switch even if you wake up in the morning, but if you spend much time in bed or watch TV or net for a long time, the sympathetic nerve will be very low level.
Since I can grasp the trigger of on-time by taking some action such as washing my face and eating breakfast, I think it would be better to create daily rhythm with the goal of getting out of bed at a fixed time.
These are not limited to health management, and they are also useful for improvement of “not motivated” situations often asked by students, and for alleviation of depressive symptoms etc. Please remember this one.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in April.
{Opening days}
6 days
{Total number of items to be used}
41 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントは停止中です。