工学系部局なんでも相談室だより H31年1月版【counseling room report】

工学系部局なんでも相談室だより H31年1月版【counseling room report】

 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
 相談室の石原です。
 年が明けてひと月が経とうとしています。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 先月あたりから相談室に来られる学生さんから、「眠れない」「起きれない」「やらなきゃいけないことはわかっているのにやる気が出ない」といった話を聴くことがグンと増えてきました。
例年、卒論、修論の提出が刻々と迫ってくるこの時期になると、こうした訴えが多くなります。
困難な課題に向き合ったとき、ひとはこういった心気症状を起こすことがよくあります。それらは当然不快なものではありますが、「今ストレスを強く感じているからちゃんと対処してくれよ」という心身からの大切な警鐘ですから、なるべくうまく対処して健康を損ねないようにしたいものです。
 健康管理をすることはセルフマネジメント力を向上させる機会でもあります。先月、こころの健康セミナーでお伝えしましたが、わたしたちの言動やパフォーマンスはストレスの影響を大きく受けます。そして、その影響を小さく済ますためには適切なストレス管理とセルフマネジメントが重要です。
 セルフマネジメントにはいろいろな手法がありますが、基本となるのは自身の状況を客観的に捕まえ、それをどのように変化させていきたいかを考え、スモールステップで行動化していくことです。
卒論やらなきゃ、という思いがストレスになっている場合、卒論を書くためのステップを多層でとらえてその中でちょっと頑張ればできることから手を付けていく。それがクリアできたらその次にちょっと頑張ればできることを同様に行動化していく。その連鎖を続けていくことでなんとなく卒論を書くという作業が板に付いてくる、そんなイメージです。
 そうすると、元々は困難な課題が処理されないことで起きてきた心気症状は、状況が改善に向かうことで軽減していきます。セルフマネジメントによって健康状況が管理された、というわけです。
やる気の有る無しを事の成否の前提条件にしてしまうよりも、こういう連鎖を通じてやる気は後からついてくると考えてみると良いのではないかと思います。
札幌市にインフルエンザ警報が出ています。みなさま、くれぐれもご自愛ください。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
平成30年12月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  6日
 {延べ利用件数}48件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に,利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより H31.1版【Counseling room report Version H31.1】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
It is Ishihara of the consultation room.
A year has passed and a month passes.
Thank you for everything last year. Best wishes for 2019.
From around last month, students coming to the counseling room have been increasing saying “I can not sleep” “I can not get up” “I do not feel motivated though I know what I have to do”.
Every year, this time when graduation thesis, submission of a thesis will soon come close, this appeal will increase.
People often have these symptoms when they face difficult tasks.
Although they are obviously unpleasant, they are important alarm bells from the mind and body saying “You are dealing with stress right now, so deal with it properly”, so we’d like to try to cope as well as possible and not to lose my health.
Health management is also an opportunity to improve self-management skills.
As I reported in last week’s health seminar, our behavior and performance are greatly affected by stress.
In order to reduce the influence, appropriate stress management and self-management are important.
There are various methods for self-management, but the basic thing is to catch your situation objectively, think about how you want to change it, and to act in a small step.
If the thought of a graduation thesis is stressful, I will take steps from what I can do if I do a little hard in that step to catch the step for writing a graduation thesis in multiple layers. If it can be cleared then it will act in the same way if you do a little harder then.
It is such an image that by continuing that chain you will be able to work on graduation thesis somehow.
Then, the symptoms of heart symptoms that originally occurred because difficult tasks are not handled will be alleviated by improving the situation.
The health situation was managed by self-management.
I think that it may be better to think that motivation will come later through such a chain rather than making it motivated or not as a prerequisite for the success or failure of a thing. We have an influenza warning in Sapporo. Everyone, please take care of yourself.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in December.
{Opening days}
6 days
{Total number of items to be used}
48 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントは停止中です。