工学系部局なんでも相談室だより H30年10月版【counseling room report】

工学系部局なんでも相談室だより H30年10月版【counseling room report】

 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
 相談室の石原です。銀杏並木も少しずつ色づき始め、朝晩はめっきり冷えるようになりましたがお変わりありませんでしょうか?
 秋から冬への季節の変わり目は一年でもっとも相談室の利用者が増える時期です。
理由はいろいろ考えられますが、この地域特有の気候によるところは大きいと思います。
 北国はこの時期になると際立って夜が早くなり朝が遅くなります。また気温も一雨ごとに下がっていきますから、身体はなるべく代謝を落としてエネルギーを節約する方向に動こうとします。
こうした日照時間や気温の変化は日中の活動量を減らすことにつながり、結果的に生活リズムや睡眠の質に影響を与えることが少なくありません。
 そういった自律神経の乱れは慢性的な疲労や不眠や偏頭痛、胃腸症状といった身体症状や、イライラや不安、気分の落ち込みといった精神症状を引き起こすことはよく知られています。
 こうした自律神経失調に起因する症状はひどくなると医療機関の受診が必要になりますが、生活を見直すことで予防することが十分に可能です。
 まずは起床時間を決めてそれを習慣化すること。こうすることで脳がこの時間になると始動するんだなと記憶し、交感神経のスイッチが入りやすくなります。次に目覚めた後だらだらとベッドの中で過ごさず、カーテンを開け、窓を開けて外気を取り入れ、その勢いで洗顔まで済ませてしまうと、気分的にもかなりスッキリし朝の支度もスムーズに行えるようになると思います。
これを前日の晩どんなに就寝時間が遅くなっても守ることで、自律神経の乱れは最小限に抑えることができます。
 美味しいものがたくさんあふれる実りの秋。鍋をつつきながら秋の夜長を存分に堪能しつつ、ちょっとした工夫で体調管理にも気を配り、この季節ならではの恩恵を楽しみたいものです。 

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
9月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  4日
 {延べ利用件数}38件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に,利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより H30.10版【Counseling room report Version H30.10】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
Ishihara of the consultation room.
The ginkgo trees also started to colored little by little, and it became cooler in the morning and the night, but has not changed yet?
The turning point of the season from autumn to winter is the year when the number of users in the consultation room increases most in one year.
Many reasons can be thought of, but I think that it depends largely on the climate peculiar to this area.
In the northern part of this period, the night stands out fast and the morning becomes late.
Since the temperature also decreases with every rain, the body attempts to move in a direction to conserve energy by dropping metabolism as much as possible.
Changes in sunshine hours and temperature will lead to a reduction in the amount of activities during the day and as a result often affect life rhythms and quality of sleep.
It is well known that such disorder of autonomic nervousness causes mental symptoms such as chronic fatigue, insomnia, migraine, physical symptoms such as gastrointestinal symptoms, irritability, anxiety, depressed mood.
Symptoms caused by such autonomic imbalance become worse, medical consultation is required, but it is possible to prevent it by reviewing living.
First of all, decide the wake-up time and make it a habit. By doing this it remembers that the brain starts at this time, it makes it easy to switch sympathetic nerves.
After waking up next time do not spend lazily in the bed, open the curtain, open the window, take in the outside air, and finish until the washing face with that momentum, you feel pretty refreshing and can do the morning preparations smoothly I think that it will be like.
By preserving this even though sleeping time becomes late the night before, we can minimize disorder of autonomic nervous system.
The autumn is full of delicious things.
While enjoying dinner while fully enjoying the night’s length of autumn, we also want to enjoy the benefits unique to this season by paying attention to physical condition management with a little ingenuity.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in September.
{Opening days}
4 days
{Total number of items to be used}
38 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントは停止中です。