工学系部局なんでも相談室だより H30年9月版【counseling room report】

工学系部局なんでも相談室だより H30年9月版【counseling room report】

 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
 台風に地震と災害に襲われた9月となってしまいましたが、みなさんお変わりなくお過ごしでしょうか?
 台風は日付が変わってからの暴風、そして地震は未明の3時過ぎと、多くの方がすでにベッドに入っている時間の出来事でした。
 地震ではけたたましいスマホの警報で飛び起きた方も多かったことと思います。そしてその後すぐに起きた大規模停電に心細さを感じられたのではないでしょうか。
 災害はこちらの状況などお構いなしに突然にやってきます。来るとわかっていれば私たちは身を固くし、頭部を守り、息をひそめて備えることができますが、不意打ちはそういった身体的・精神的構えをとる猶予を与えてくれませんので、心身に受けるショックは相当大きいものになってしまいます。
 幸い、今回の地震で大学近辺は大きな直接的被害を受けず、街の様子も日常に戻りつつあります。多くの方が普段通りの生活を送っておられることと思います。
 しかし一方で、地震以後なんとなくモヤモヤする、眠りが浅くなった、偏頭痛がある、夜が怖いなど不安や体調不良を口にされる方もおられます。これは、今年7月のこころの健康セミナーでもお伝えしましたが、地震というこれまで経験をせず理解を越えるようなネガティブな出来事に遭遇したことが、精神的なバランスをとることを難しくさせていることで起こっていると思われます。
 こうした症状を放置をしているとトラウマになっていく可能性もありますので、ひとりで不調を抱え込まず友人や同僚に話をしたり相談機関を利用するなど、積極的に予防に取り組んでいただきたいと思います。
誰かに話すことで、いろいろな人が怖い思いをしたんだ、自分だけが特別なわけではないんだと、経験を共有できることでそういった不安は徐々に和らいでいきます。
 いよいよ年度後期が始まります。気分も体調も切り換えてリスタートが切れることを祈っております。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
8月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  6日
 {延べ利用件数}42件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に,利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより H30.9版【Counseling room report Version H30.9】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
Ishihara of the consultation room.
It became September when the typhoon was hit by earthquakes and disasters, is everyone alright?
The typhoon was the windstorm after the date changed, and the earthquake was after 3 o’clock, so it was a time when many people were already in bed.
In the earthquake, I think that there were many people who jumped up with an embarrassing smartphone warning.
And maybe I felt frustrated with the massive blackout that occurred soon after.
Disasters came suddenly without any doubt as to the situation here. As long as we know that it will come, we can harden ourselves, protect our heads and wait quietly, but surprise attack will not give us the grace to take such physical and mental stance. The shock received by the body and mind becomes considerably large.
Fortunately, due to the earthquake this time, the area around the university has not suffered great direct damage, and the state of the city is returning to daily life. I think that many people are living their normal lives.
However, on the other hand, some people say moods like hazy after the earthquake, sleep is shallow, there are migraines, scared at night, anxiety and poor physical condition.
This was also reported at the mental health seminar in July of this year, but having experienced a negative event that has not experienced so much as an earthquake and goes beyond understanding has made it difficult to balance spiritually It seems that it is happening by having it.
Since we may become traumatic if we neglect these symptoms, we would like to actively take preventive measures, such as talking to friends and colleagues without using any discord and doing so by consultation organizations I think.
By talking to someone, various people were scared, I can share my experiences as it is not only my own. Then, such anxiety will gradually soften.
Later year will be started. I pray that you will switch your mood and physical condition and will be able to restart.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in August.
{Opening days}
6 days
{Total number of items to be used}
42 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントは停止中です。