工学系部局なんでも相談室だより H30年8月版【counseling room report】

工学系部局なんでも相談室だより H30年8月版【counseling room report】

 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
 暑かったり涼しかったりと落ち着かない天気が続いていますが、夏バテなどせずお元気でお過ごしでしょうか?
 さて、毎年9月10日はWHOが定めた世界自殺予防デーです。ご存知でしたでしょうか?日本ではそれにあわせて9月10日から16日を自殺予防週間とし、様々な啓発活動が行われています。
 日本における年間の自殺者数は減少傾向にあり、年間3万人を超えていたものが昨年度は約2万1千人となりました。しかし相変わらず自殺率は20ポイントを越え、高止まり傾向が続いています。
 自殺に至る原因として上位にあるのは経済問題、健康問題ですが、WHOの調査によると自殺を企図する直前には多くの場合で精神疾患を発症していたと考えられるとの結果が出ており、予防を考えるうえではいかに病気を防いでいくかが重要なポイントになってきます。
 しかし、自殺既遂者、未遂者ともに医療機関で治療を受けていた者はごく一部であることもわかっており、医療関係者だけでは効果的な対策を打てない現状にあります。
 こうした中、私たちにできることはどんなことなのか。政府ではゲートキーパーの養成をすすめ、これに対処しようと努力しています。ゲートキーパーについては政府広報オンラインに紹介されていますのでリンク先を参照してください。
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201402/2.html
 大切なのは普段からの関わりであり、孤独、孤立に追いやらないように、周囲にいる者がサインに気付き支えていこうとすることであり、専門家に橋渡しをしていく役を担うことです。
 時に人間関係は煩わしくもありますが、一方でその関係性は私たちひとりひとりを守るセーフティネットにもなり得ます。そういう意識をもってご自分の周囲のひとたちとの関係を見直してみられてはいかがでしょうか? 

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
7月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  5日
 {延べ利用件数}39件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に,利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより H30.8版【Counseling room report Version H30.8】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
Ishihara of the consultation room.
The weather which is hot and cool is continuing, but how is it going well without summer fatigue?
Well, September 10th every year is World Suicide Prevention Day which WHO set up.
Did you know?
In Japan, September 10 to 16 are set as suicide prevention weeks accordingly, and various educational activities are carried out.
The number of annual suicide in Japan is on a downward trend. It exceeds 30,000 people every year. But last fiscal year there were about 21,000 people. However, as usual the suicide rate has exceeded 20 points, and the trend of high stopping continues.
According to the WHO survey, it is thought that in many cases cases of mental illness were thought to have occurred immediately before contemplating suicide , How to prevent disease in thinking about prevention becomes an important point.
However, it is also known that there are only a small number of those who have been treated at medical institutions, both suicide and attempted suicide, and it is in the present situation that effective medical measures can not be taken only by medical personnel.
In this situation, what can we do? The government is trying to train the gatekeeper and is striving to deal with this.
For the gatekeeper, please refer to the link destination as it is introduced to the government public relations online.
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201402/2.html
What is important is usually involvement, trying to support the surrounding people noticing signs and supporting them, so that they are not forced to loneliness, isolation, and to play a role as a bridge to experts.
Sometimes human relationships are annoying, but on the other hand that relationship can be a safety net to protect each one of us. Why do not you review the relationship with people around you with such consciousness?

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in July.
{Opening days}
5 days
{Total number of items to be used}
39 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントは停止中です。