工学系部局なんでも相談室だより H30年 7月版【counseling room report】

工学系部局なんでも相談室だより H30年7月版【counseling room report】

なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。関東以南の酷暑とは裏腹に農作物の生育状況が心配になるほどの北海道の今夏ですが、みなさんお変わりありませんか?
 7月6日に今年度第一回目のこころの健康セミナーを開催いたしました。
 今回はトラウマについて、エピソードを織り込みながらその機序と対処の概略についてお話をさせていただいたところです。
 トラウマという言葉自体はもはや市民権を得たようで、おそらくみなさんの日常会話にも時々登場するのではないかと思います。
 「この間電車に乗り遅れちゃったのがトラウマで、いつもちょっと早く家を出るようになったんだよね」とか「あのひとの目つきがトラウマで、なるべく視線を合わせないようにしているんだ」など、ちょっとした失敗経験や不安などを「トラウマ」と呼ぶことが多いように思います。
 しかし、いわゆる病気としてのトラウマはもっと深刻なものを指します。
 個人がそれまでの経験や知識では受け止めることができないほどの強いネガティブな感情を伴う経験をし、それが記憶に深く定着し、その記憶に苛まれるような場合のことを言います。
たとえば地震、豪雨などの天災や火事、事故、犯罪などに遭う、あるいは巻き込まれた体験、虐待やDVのような体験をした際の記憶が、なにかの拍子に今目の前で起こっているかのように強く再現されて、心身ともに大変つらい思いを繰り返すような状況です。
 こうした状況はその体験直後から始まりますし、何十年も経ってから突然発症することも多くあります。症状は様々ですが、気分の変化が大きい、不眠、不安、頭痛などの体調不良、過呼吸などのパニック発作、希死念慮などがよく見られます。
 こうした症状の多くは放っておいて治癒することは少なく、原則として専門機関での治療が必要です。
 トラウマが存在することに本人が気付いておらず、でも抑うつ的であったり、体調不良を感じておられる場合もありますので、不調があれば掛かりつけの医者や保健センター、当室などにご相談ください。
 
-【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
6月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  7日
 {延べ利用件数}38件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答することは
できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に,利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより H30.7版【Counseling room report Version H30.7】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
Ishihara of the consultation room.
It is cool summer Hokkaido that worried about the growth situation of crops,compared to the hot summer of the southern part of Kanto,
How are everyone?
We held the first mental health seminar this year on July 6th.
This time about trauma, I’ve just talked about the mechanism and the outline of coping while incorporating the episode.
The word trauma itself seems to have acquired citizenship no longer, probably it will appear sometimes in your daily conversation as well.
“It’s trauma that I missed the train for the time being, so I started to leave the house a little earlier,” or something like “That eyes have trauma, trying not to keep line of sight as close as possible” I think that it is common to call a bit of failure experience and anxiety as “trauma”.
However, trauma as a so-called disease is more serious.
It is a case in which an individual has experienced strong negative emotions that can not be dealt with by experience and knowledge so far, it is deeply established in memory and frustrated by that memory.
For example, if you are experiencing natural disasters such as earthquakes, heavy rain, fire, accidents, crime, etc., or experiences such as involvement, experiences such as abuse and DV, are occurring in something now in front of you It is such a situation that it is reproduced strongly so that both the mind and body repeated very hard feelings.
These situations start right after the experience, and many times suddenly develop after many decades.
Symptoms are various, but the mood changes greatly, insomnia, anxiety, poor physical condition such as headache, panic attack such as hyperventilation, dilapidation thought etc. are seen often.
Many of these symptoms are seldom healed even if they are left alone, and in principle treatment with a specialized agency is necessary.
Even when you feel depressed or you feel sick, you may not realize that trauma exists, so if you have a problem, please consult a healthcare provider, health center, our office etc.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in June.
{Opening days}
7 days
{Total number of items to be used}
38 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントは停止中です。