工学系部局なんでも相談室だより H30. 5版【counseling room report】 

工学系部局なんでも相談室だより H30年5月版【counseling room report】

 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
 相談室の石原です。新緑の美しい季節になり、学祭ももうすぐ。みなさんお変わりありませんか?
 ここ数年、「自分は発達障害ではないか?」と相談室を訪れる方が少しずつ増えてきているように感じます。ネットを開けば、いくらでもそのニーズにヒットするサイトは見つかりますから、自分なりにチェックをしてみて当てはまる項目があることに気付き、悩んだ末に相談してみようと思われるようです。
 発達障害の大きな特性は「社会性」「コミュニケーション」「想像力」、これら3つの相対的な弱さと感覚過敏にあると言われています。感覚過敏は音や光など、物理的な環境によって引き起こされることがほとんどですが、前者3つの項目はいずれもひとと関わり、生活をうまくマネジメントしていこうとする過程で浮き彫りになってくるものです。
相談室を訪ねてくる方たちの多くも、人付き合いがうまくいかない、グループの中で自分だけ浮いているような気がする、小さなことにこだわってしまって周りに迷惑をかけているみたいだ、といった社会生活のしずらさがきっかけになって、発達障害という言葉に行きつくことがほとんどです。
では、そういったエピソードがあれば発達障害なのかと言えば、答えはNOです。こころのセミナーなどで何度かお伝えしていますが、発達障害とそうではない状況との間の境界線は曖昧で一律に判断しえませんし、ある事柄は非常に発達障害の特性を示しているけれど、別の事柄はまったく問題がないといった個人内でのバランスも様々であることが多いからです。
また、そういった特性はたとえば大切な仕事や作業に失敗してしまったとか、課題が差し迫って緊張を強いられているなど、不安や緊張、危機などの際に際立ってくることが多く、普段通りの生活をしていれば問題として顕在化しにくいものでもあります。
 気になる方で診断を必要とされる場合は、精神科医にご相談することをお勧めします。気にはなるけれども医療機関にかかるまでではないなとお感じになっている場合は、相談室ではその状況をお聴きしながら対処方法を一緒に考えていくことができますので、お気軽にご相談ください。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
4月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  6日
 {延べ利用件数}32件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答することは
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に,利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより H30.5版【Counseling room report Version H30.5】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
Ishihara of the consultation room. It will be a beautiful season of fresh green and the school festival will come soon. How are you doing?
In the past few years, I feel that people visiting the consultation room are increasing little by little saying “Am I a developmental disorder?” If you open the Internet, you can find any number of sites you are looking for, so it seems that after checking yourself, you notice that there are applicable items, and after consulting you will contact us.
The major characteristics of developmental disorder are said to be in “sociality” “communication” “imagination”, these three relative weakness and hypersensitivity.
Sensory hypersensitivity is mostly caused by physical environments such as sound and light, but the former three items are all related to people and they are highlighted in the process of successfully managing their lives .
Most of those who visit the consultation room are most likely to come to the word developmental disorders as a result of the difficulty of social life.
Then, if you say that such episodes mean developmental disorders, the answer is NO.
Although we have talked about several times at mental health seminars etc, the boundary line between developmental disorder and non-developmental condition is ambiguous and can not be judged uniformly.
Because a certain thing is very characteristic of developmental disorder, but another thing is often different in individual balance such as no problem at all.
Also, such characteristics often stand out in anxiety, tension, crisis, etc., such as having failed in important work or work, problems such as imminent tension being imminent. It is also difficult to show up as a problem if you live your usual life.
If you are anxious and need diagnosis, we recommend that you consult a psychiatrist.
If you are feeling it, but if you feel that it is not until it comes to medical institutions, you can think about how to deal with the situation while listening to the situation in the consultation room, so feel free to contact us Please consult.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in April.
{Opening days}
6 days
{Total number of items to be used}
32 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントは停止中です。