工学系部局なんでも相談室だより H30. 4版【counseling room report】 

工学系部局なんでも相談室だより H30.4版【counseling room report】

なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
 相談室の石原です。
 新年度が始まって1ヶ月が経とうとしていますが、新しい生活には慣れましたでしょうか?
毎年この時期の相談室だよりでお伝えしていますが、学習や職場の環境の変化によって知らず知らずのうちに疲れをため込んでしまうことが多くあります。加えて、北海道の冬から春への気候の変化はものすごいスピードで起こりますので、体調のコントロールも難しくなります。
研究や仕事を切り上げられる時はなるべく早く切り上げて休養をしっかりとるなどの工夫が必要だと思います。

 昨年度の相談室の利用状況は、例年に比べ総数としては若干減少したのですが、新規利用者、実利用者ともに増加傾向にあります。
 おひとりの方が相談室を何回利用するかは、その相談内容やパーソナリティによって変わります。1~2週間に1度お会いしている方もいれば、数ヶ月に1回、あるいは1回だけで定期面談に至らない方もいらっしゃいます。
 昨年度は1回だけの面談で終わった方がいつもよりも多くいらっしゃいました。カウンセリングよりも治療が必要な状況と判断して医療機関に行っていただいた方も少数ながらありましたが、その多くは「とりあえず話をして整理がついた」ので継続した面談は必要ないとおっしゃった方でした。
 他者と話をするということは、自分の頭の中だけで考えていた言葉を外に出すということであり、外に出すということはその言葉と自分との間に少しだけ距離をおくということです。距離ができるということは、少し客観的に自分の言葉を眺めることができることにつながり、結果的に自分の考えを俯瞰することにつながります。
 相談室に来られてお話をされるということはご自分の抱えている問題を俯瞰する作業であり、俯瞰することで見いだされる新しい視点に気付く機会でもあります。
 つまらない話だからひとには言えないという類のこともあろうかと思いますが、あまり気に病むようでしたら一度相談室に足を運んで思い切ってお話いただければと思います。解決に向けたヒントが見つかるかもしれません。
 今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
3月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  6日
 {延べ利用件数}38件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答することは
できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に,利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより H30.4版【Counseling room report Version H30.4】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
Ishihara of the consultation room.
A month has passed since the new fiscal year began. Did you get used to your new life?
As I talk about in this letter every year, there are a lot of things getting tired out without knowing by learning and changes in the environment of the workplace. In addition, climate change from winter to spring in Hokkaido occurs at a tremendous speed, so it is difficult to control the physical condition. When research and work can be rounded up, I think that it is necessary to devise measures such as rounding up as soon as possible and firmly taking a rest.
Although the total number of consultation rooms in the last fiscal year has decreased slightly compared with the average year, both new users and actual users are on an increasing trend. How many times a single person uses the consultation room depends on the contents of consultation and personality. Some people meet once every 1 to 2 weeks, some once a month, or even only once, which does not lead to regular counseling.
Last year there were more people who finished with a one – time interview than usual.
There were also a few people who had gone to a medical institution judging that treatment was needed rather than counseling, many of them were those who said that there was no need for an ongoing interview from ” For the time being I talked and got organized”.
To talk to others is to put out the words he thought about only in his own head, and it is to keep a distance between the word and yourself. To keep a distance leads to being able to look at your own words a bit objectively, which leads to an overview of your idea as a result.
Coming to the counseling room and talking about it is an overhead view of your problem and it is also an opportunity to notice the new viewpoint found by bird’s-eye view.
Although you think that there may be something of a kind that it can not be said to others because it is a boring story, but if you feel sick , why do not you visit the counseling room once and dare to talk. You may find hints for solutions. I hope to see you again this year.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in March.
{Opening days}
6 days
{Total number of items to be used}
38 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントは停止中です。