工学系部局なんでも相談室だより H29.11版【counseling room report】

工学系部局なんでも相談室だより H29.11版【counseling room report】

なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつのコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。
   
―【カウンセラーより】―――――――――――――――――

 相談室の石原です。
 日に日に寒さが厳しくなり、一度降った大雪で道もひどい状況になっています。風邪をひいたり転倒などされていませんでしょうか。

 過度なストレスが心身の健康に大きな影響を与えることがよく知られるようになり、それはわかったけれどどんな風にストレスなことから頭を切り替えたらいいの?という質問をよく受けます。
 失敗や嫌なことがあっても引きずらず気持ちを切り替えて生活することは、健康面だけでなく、たとえば研究やスポーツであっても良いパフォーマンスをあげるためにとても重要なことだと思いますが、実際にはなかなかうまくいかないことも多いのではと感じます。

 嫌なことは忘れてしまおうと心に決めても、忘れるためにはどんな嫌なことがあったのかを考えざるを得ず、そのたびに嫌な記憶がよみがえるのでかえって忘れられないなんて経験はどなたでもあるのではないでしょうか。
 最近流行りの「マインドフルネス」はとても大雑把に言いますと、忘れることを目的とせず、他のこと(たとえば呼吸や味覚など)に意識を集中させることで、忘れたいなと思うことを意識の中心から外して「横に置いておこう」とする手法です。
つまり忘れようと必死に格闘するのではなく、なんとなく「今は考えるのをやめておこう」と脳に働きかけることで気分をラクにする実践手法と言えます。
 もうひとつのアプローチは、嫌なことを考え続けることができないように自分自身の思考を「妨害」することです。
たとえば仕事で失敗をして落ち込んでしまった、愚図愚図と嫌な気分を引きずっている、明日も仕事かと思うとうんざりする、というように失敗のことを考えているとどんどん思考はネガティブに展開してしまって、夜も眠れなくなるかもしれません。「妨害」とはこのネガティブな連鎖がつながっていかないように、たとえば定時になったら退社して映画館に行くとか、スポーツをするとか、料理をするとか、将棋を指すとか、まったく違う行動を差しはさむことで一旦ループを切断するということです。
 ループを切断することができると、その嫌なことと自分の意識に「間」ができますから、そこでちょっと状況を俯瞰してみたり、再評価をしてみたり、対処法を冷静に検討しやすくなると思います。

 これからの時期、ますます日照時間が短くなり天気も冴えず、でそれだけでも鬱々とした気分になりがちです。自分に合った思考の切り替え方を見つけて、少しでも気持ちをラクにして過ごしたいものです。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
10月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  7日
 {のべ利用件数}48件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答することは
できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に,利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
nandemo@eng.hokudai.ac.jp

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより H29.11版【Counseling room report Version
H29.11】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students,colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
I’m Ishihara of the consultation room.
The cold becomes strict day by day, the road is also terrible due to heavy snow that once fell. Is not it catching a cold or being overturned?

It became well known that excessive stress has a major influence on the health of mind and body. But I often receive a question saying “I understood it but don’t know how to switch my brain from what is stressful like that?”
I think that to live by switching feelings without dragging even if there are failures and disgusting things is very important not only for health, but also for research and sports to bring about good performance.However, in fact it seems that there are many things that does not go well.

Even if you decide to forget what you dislikes, you may feel it is difficult. In order to forget, I have no choice but to think about what kind of disgusting thing happened, so I can’t forget it because it hurts my bad memories each time.
Roughly speaking, the recent popular “mindfulness” is the method that let you can’t think about dislike things by concentrating on the other things (such as breathing or tasting).
In other words, rather than struggle to forget, it is a practical method of making feel comfortable by working on the brain, “Let’s stop thinking now” for some reason.
Another approach is to “disturb” your own thinking so that you can‘t keep thinking bad things.
To think of failing ,drag a bad mood and imagine tomorrow work make you more negative and may not be able to sleep. You may not be able to sleep at night as well.
“Disturb” is to break this negative chain.For example, as soon as the fixed departure time comes, going to a cinema, sports, cooking, shogi, or totally different actions to disconnect the loop.
If you can disconnect a loop, you can put “space” between disgusting thing and your consciousness.
Then, I think that it will become easier to look at the situation a little, try reevaluation, and calmly consider the coping method.

In the coming season, the sunshine hours are getting shorter and the weather is not clear, and it tends to make you feel uncomfortable just by that.
We would like to find a way to switch thinking that suits me and make it a little more comfortable.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in october.
{Opening days}
7 days
{Total number of items to be used}
48 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントは停止中です。