工学系部局なんでも相談室だより H29.10版【counseling room report】

工学系部局なんでも相談室だより H29.10版【counseling room report】

なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。
   
―【カウンセラーより】―――――――――――――――――

 相談室の石原です。銀杏並木のそろそろ見頃を迎え、秋本番を感じさせます。
みなさんお変わりありませんでしょうか。

 今回は「笑い」のお話です。
 講習会の中でお伝えしたこともありますが、「笑い」と健康、「笑い」とメンタルヘルスには深いつながりがあることが様々な研究で明らかになってきています。

 とある病院で治療を受けているリウマチの患者さんたちに、笑いの前後で変化があるかどうかを調べた実験があります。患者さんに集まっていただきまず血液検査を行い、そのあと林家木久扇さんの落語を生で30分聴いてもらった後で、また血液検査を行ってその差を調べてみたところ、落語の前後でストレスホルモンが有意に減少し、またその効果が1週間程度持続したという報告があります。
 同様に、アレルギー疾患の患者さんにコメディー映画をみてもらいその前後の比較検討をしてみたり、糖尿病やがん患者さんにこうした取り組みをした結果も、ポジティブな変化が認められたそうです。
 また、ある地域の健康づくりセンターでは、利用者のうち、よく笑うひとと1週間ほとんど笑わないひとを2グループに分けてその生活を健康上の変化に注目して追跡調査をしています。1年後に両群を比較してみると、よく笑うグループにくらべてほとんど笑わないグループでは2倍ほど認知機能が低下していたという結果が出ました。
 なぜこのような結果が得られるのか、研究をさらに進んでいるようですが、声に出して笑うことが自覚的に楽しいと思う感情を強化するだけでなく、腹式呼吸を促進し、代謝を向上させ、一時的にせよネガティブな思考から脳を解放することがポイントであるようです。

 しかめっ面のひとを見ていると「大丈夫かな?」と心配になったり、面と向き合うをためらったりしますが、笑顔のひとはそれだけで相手をリラックスさせ「なんとなく」緊張がほぐされる感じがします。また笑いはあくび同様にどうも「伝染」するようです。つまり笑顔のひとがいて「笑い」のある環境はそれだけでポジティブな人間関係の変化をもたらす可能性があるかもしれません。
 日本人の笑いの元は、1位が家族や友人と話をしているとき、2位がテレビやビデオを見ているとき、3位が子や孫と接しているとき、だそうです。いかに心地よい付き合いのできるひとが身の回りにいるかで、笑いの量も変化するともいえるかもしれません。

 私たちの抱えるストレスはそう簡単に変化したり、改善されることはありません。しかし、こうした「笑い」を日常生活に取り入れたりすることでストレス耐性を高め、問題をやり過ごしポジティブに活動していくことは可能です。
 一日数回の大笑い、ご自分の生活にぜひ取り入れてみてはいかがでしょう。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
9月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  5日
 {のべ利用件数}34件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答することは
できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員や学生等を対象にしたメーリングリ
ストで送信しております。
 また、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこ
とを紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に,利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
nandemo@eng.hokudai.ac.jp

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより H29.10版【Counseling room report Version
H29.10】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
I’m Ishihara of the consultation room.
We will have the best time to see the ginkgo trees, and let us feel the autumn has come.
Does not everyone change?

This time is a story of “laugh”.
Although I have talked in the workshops, it is becoming apparent in various studies that there is a deep connection between laughter and health, laughter and mental health.
There are experiments in which patients in rheumatism receiving treatment at a hospital examined whether there is a change before and after laughter. After having them gather at the patient and conducting a blood test, I asked Mr. Kikuo Hayashiya fan’s rakugo to be listened for 30 minutes live, and then I examined the difference by blood test and found that before and after Rakugo There was a report that stress hormone decreased significantly and the effect lasted about 1 week.
Likewise, it seems that a positive change has been recognized in patients who have allergic diseases by seeing comedy movies, comparing the results before and after that, and doing such efforts for diabetes and cancer patients.
In addition, in the health promotion center of a certain area, people who laugh often and those who do not laugh mostly for a week are divided into two groups and their lives are tracked by focusing on health changes. When comparing the two groups one year later, the result that the cognitive function had declined by about 2 times was found in the group that laughs hardly compared with the group that laughs well.
The research seems to be progressing further why such results are obtained, but not only strengthens feelings that it is awkwardly fun to laugh out loudly, it promotes abdominal breathing and promotes metabolism It seems that it is a point to improve the brain from negative thinking, temporarily or negatively.
If you look at the people on the grimace face, you will be worried about “Are you alright?” Or you hesitate to see the face, but people with a smile relax your opponent by themselves and feel “nervous” tension . Laughter seems to be “contagious” as much as yawning. In other words, the environment with a smile and “laugh” may possibly bring about a positive change in human relations alone.
Origin of the laugh of the Japanese seems to be when the first place is talking with family and friends, the second place is watching TV and video, the third place is in contact with children and grandchildren. It may be said that the amount of laughter also changes depending on how comfortable people can be with each other.
Our stress is not easily changed or improved. However, by incorporating such “laugh” into everyday life, it is possible to increase stress tolerance and to act positively over the problem.
Why don’t you introduce a few laughs a day, in your own life by all means.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in september.
{Opening days}
5 days
{Total number of items to be used}
34 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff and students enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。