工学系部局なんでも相談室だより H29.9版【counseling room report】

工学系部局なんでも相談室だより H29.9版【counseling room report】

なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。
   
―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
 相談室の石原です。一雨ごとに秋の佇まいが濃くなるこの頃ですが、みなさんお変
わりありませんか?

 映画を観たり本を読んだり、芸術に触れるには良い季節になりました。思索にふけ
るという方もいらっしゃるかもしれません。秋の夜長、みなさんはどのように過ごさ
れますか?

 ひとはノーストレスでは生きていくことができず、現代に生きる私たちは時にスト
レス過剰な環境に身を置かざるを得ないこともしばしばです。ストレスに直面すると
困りますし、なんとかやり過ごせないかと思案します。悩みを抱えるわけです。
 悩むことは誰もが嫌ですし、早くそこを抜け出たいと考えることは道理なのです
が、一方で悩んだ経験はひとの思索を豊かにし、生活していくための知恵と行動の選
択肢を増やしてくれる源でもあります。思うに任せない困った状況を改善するため
に、どんな手段を用いればいいのか、どんな心持ちで過ごせばいいのかと悩むこと
で、自分に見合った問題解決のための脳の回路を形成していくわけです。

 最近はネット情報やSNSなどに悩まなくて済むための手法や処方があふれ、ついつ
いその誘惑に負けてしまいそうになります。しかしよく考えてみればそれらの情報
は、目的地までの経路や乗り換えの案内はかなり正確に教えてくれますが、個々の生
き方や人生についての目的や経由地はどこにも記載はなく、私たちはそこにあるせい
ぜい問題の最大公約数的な回答をヒントにしながら、結局は自身で模索していくこと
でしか自分の悩みの解答を得ることはできません。
 悩み経験とそれらを解決するための試行錯誤という経験は貴重な財産になります
し、また悩むということに対する免疫をつけてくれるはず、と思うのです。

 悩みは意外とひとに話すと整理されたり、解決のヒントを得ることができるもので
す。話す相手は友人でもご家族でも誰でも良いと思います。相談室では、そういう身
近なひとたちよりも少しだけ離れたところから状況を俯瞰し、そして専門的に問題へ
のアプローチを一緒に考えていきます。
 そんな相手が必要かなと感じた際には、遠慮なく相談室までご連絡ください。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
8月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  5日
 {のべ利用件数}32件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答することは
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員や学生等を対象にしたメーリングリ
ストで送信しております。
 また、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこ
とを紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に,利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより H29.9版【Counseling room report Version
H29.9】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.
– 【From counselor】 —————–
I’m Ishihara of the consultation room.
It is recently that the appearance of autumn becomes dense every rain.
Does not everyone change?

It was a good season to watch movies, read books and touch art.
There are also people who indulge in thought.
How are you going to spend the Autumn’s Night?

People can not survive without stress, and we often live in modern times are forced to put ourselves in a stressful environment at times.
We will be in trouble if I face stress, We will think that We can manage somehow. It has trouble.
It is unreasonable for everyone to worry, and it is reasonable to think that they want to get out of there quickly.
However, the experiences we have worried are also sources that will enrich people’s thought and increase the choices of wisdom and behavior to live.
In order to improve the troubled circumstances, we will form a brain circuit for problem solving according to my situation, by worrying what kind of means should be used and what kind of feelings to spend.

Recently, there are overflowing methods and prescription to avoid having to suffer from NETinformation and SNS etc, and it seems to be lost to that temptation.
However, if you think about it well, those information will tell you the route to the destination and the guidance of transfer very accurately, but the purpose and the waypoint of individual way of living and life are not described anywhere. We can not get the answer of our troubles only by hunting for the greatest common divisor answer of the problem at the most, but finally seeking oneself by themselves.
I think that experience of suffering and experiences of trial and error to solve them will be valuable assets and should be immune to suffering again.
Troubles are unexpectedly something that can be organized and tips for solution when speaking to others.

I think that anyone to talk to is good, also friend or parents.
In the consultation room, we will briefly look at the situation from a place that is slightly more distant than those familiar with them, and then expertly consider the approach to the problem together.
Please feel free to contact our consultation office when you feel that you need such a partner.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in august.
{Opening days}
5 days
{Total number of items to be used}
32 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff and students enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。