工学系部局なんでも相談室だより H29.8版【counseling room report】

工学系部局なんでも相談室だより H29.8版【counseling room report】

なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。
   
―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
 
 相談室の石原です。
 8月も後半になって暑さがぶり返し、涼しさになれた身体には少しこたえますね。みなさんお変わりありませんでしょうか?

 先日、札幌のとある劇団の若い役者さんとお話をする機会がありました。
 食べていくのも大変なお仕事ですが、それを差し引いて余りある演技をする喜びについて語ってくれ、聴いているこちらの胸も熱くなりました。
 与えられた役に嵌りこんでいくと、時々自分が誰なのかわからなくなることがあるんですとおっしゃっていましたが、それだけ仕事に熱中できるというのは素晴らしいことですし、才能なんだなと感じます。
 ただ、私たち芝居の素人も似たような経験をすることはあります。

 仕事や研究に没頭しているときや遊びに夢中になっているとき、あるいは感動的な映画を観た後はその主人公が自分に乗り移ったかのようにヒロインになったり、正義の味方になったりという経験はどなたでもあるのではないでしょうか。
 また、何気ない日常生活を送っていても意識的にあるいは無意識的に私たちはいろんな役割を担っています。夫の役割、妻の役割、子どもの役割、仕事上の役割、友人関係の中での役割など、その立ち位置で求められる役割をこなすことで、他者との関係性を保ち、生活が円滑にすすむように振舞っているわけです。
 そういう役割をこなすことで充足し、より良い関係を構築していくわけですが、その役割が過剰なものであったり本当は自分が望んでいないものである場合などは、他者から求められる「役割期待」に応えようとするあまりにひどく疲弊してしまうこともあります。
 たとえば親から「いい子」であることを求められ、必死にそれに応えることで親との良好な関係を築こうとしてきたひとは、親に求めらることは理解できるけれど本当は自分がどうしたいのかを見失ってしまったり、グループの中で本当はやりたくないリーダーをなんとなく任せ続けれていると、そのグループにいることすら負担になって関係を断ち切らざるを得なくなってしまったり、そうしたことがきっかけになってメンタルのバランスを崩すような場合も少なくありません。

 役者はどれだけその役に嵌りこんでも、そのお芝居が千秋楽を迎えれば必然的にその役から解放されて本来の自分に戻れるからいいのです。しかし私たちが日々の生活の中であまりに与えられた役割に応えようと没頭すると、そのしがらみから抜け出すことができず、まるで終わりのないゲームに飲み込まれてしまったかのように疲弊してしまいます。
 高い集中力をもって目標に取り組めることは素晴らしいことです。その達成感を得ることは生きるうえでのモチベーションにもつながるでしょう。しかし時には足を止めて、自分がやりたいことはなんだろうと俯瞰してみることも必要です。そこから新たなモチベーションが生まれるかもしれませんし、本当はやりたくないことに巻き込まれ過ぎていることに気付けるかもしれません。

 夏休みはそうした「間」をとるにはうってつけの期間です。今年度前半のご自分をチェックして後半に備えてみてはいかがでしょうか?

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
7月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  6日
 {のべ利用件数}41件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答することは
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員や学生等を対象にしたメーリングリ
ストで送信しております。
 また、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこ
とを紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に,利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより H29.8版【Counseling room report Version H29.8】

We will periodically send out counselor comments and usage situation etc. Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–

I’m Ishihara of a counselor.
In the latter part of August, the heat is restored and it is a bit tight for the body that became cool.
How are you feeling physically?

The other day, I had the opportunity to talk with a young actor from a certain theater company in Sapporo. It is a hard work to earn, but he told me about the joy of acting even considering that. I was impressed by listening to it.

He said that “Sometimes I get lost who I am ,as I fit in a given role”. But it is wonderful to be able to get into such work , it’s talent too, I think.
However, amateur actor of us also have similar experiences.

I think everyone have experience that immersed in work or research, or absorbed in play, or became as if the heroine and hero in the movie.
Also, we are playing a variety of roles consciously or unconsciously even though we are sending our daily lives.
We maintain relationships with others by doing the roles required in their standing position, such as the role of husband, the role of wife, the role of children, the role of work, role in friendship, etc. It acts so that life will proceed smoothly.
We are satisfied by doing such a role and build a better relationship.
But if the role is excessive or it is really not what you want, sometimes we get too exhausted trying to respond to expectations of roles sought by others.
For example, people who are asked to be “good children” from their parents and who desperately try to build up a good relationship with their parents by responding to them can understand what parents want, but they will lose sight of what you want to do. Also, if you keep on being leaders who you do not really want to do in the group, you will have to bear the burden of even being in that group, and you will have to break the relationship. This often triggers the mental balance to be lost.
Even if an actor fits into that role, it will be inevitably released from that role and will be able to return to the original self as soon as that play ends. However, when we are immersed in responding to the role given too much in our daily life, we can’t get out of that trait and it gets exhausted as if we had been swallowed by an endless game.
It is wonderful to be able to tackle goals with high concentration. Getting that sense of accomplishment will also lead to motivation to live. But sometimes you have to stop your feet and you also have to look over what you want to do. There may be new motivation from that, and you may be aware that you are actually involved in things you do not want to do.

Summer vacation is a perfect period for taking such “time”. Why do not you check yourself in the first half of this year to prepare for the second half?

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in July.
{Opening days}
6 days
{Total number of items to be used}
41 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff and students enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。