日別アーカイブ: 2013/06/28

工学系部局なんでも相談室だより H25.6 版

工学系部局なんでも相談室だより H25.6版
◇なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや利用状況など定期  的に発信させていただいております。◇
Read more »

―【カウンセラーより】――――――――――――――――――――――――
 相談室の石原です。
6月も終わりになってジリジリと気温があがってきました。恒例のシティジャズも開幕し、いよいよ夏モードですね。6月14日にメンタルヘルスに関する講習会でお話をさせていただきました。
メンタルヘルスの問題は、なんとなくひとに話しにくかったり、健康と病気の境界線があいまいでご自分の状況をモニターしにくいものですから、病気の状態が悪くなったり、学校や職場に出られなくなって初めて表面化することが少なくありません。
相談室では、そういった状況に対処するための方策を一緒に考えたり、必要に応じて医療機 関の受診を勧奨をするなどの対応をしています。
一方で、そのような困難な状況に陥らないための予防活動のひとつとして、今回のような講 習会を通じてメンタルヘルスに関する知識や予防スキルを広く知っていただく取り組みも重要だと考えています。
 先日内閣府が発表した「自殺対策白書」では、自殺者総数は15年ぶりに3万人の大台を下 回ったものの、依然として高い自殺死亡率であり、20~39歳の各年代の死因の第1位になっていると警鐘を鳴らしています。
メンタル不調に陥ることが即自的に自殺につながるわけではありませんが、気分的な落ち込みや孤立感を深めることによるリスクの増大は避けられません。
自殺対策、と冠をつけてしまうと、何からてをつけていいのやら途方に暮れてしまうそうですが、普段と様子が違う隣人がいたら声を掛け合うといった周囲の支援と、困ったことや悩み事があれば誰かに発信するという当人の行動によって、多くの自殺を未然に防ぐことができると 思います。
予防と対処、この両輪が機能するように相談室は微力ながらお手伝いをしてまいりますので、 事の大小に拘わらず、お気軽にご利用ください。
―【事務担当より】――――――――――――――――――――――――――
なんでも相談室事務担当です。
6月14日に開催の「心のケアに関する講習会」では学生・教職員合計で14名の方が  参加されました。昨年度(参加者53名)と比較し、人数的には減少しておりますが、皆さん熱心に受講されていました。
なんでも相談室を利用されていない方々に、担当カウンセラーが講師としてお話することで相談室を身近に感じていただき、悩み事が生じたときに気軽に相談できる雰囲気をつくれるようにできればと思っています。
次回の予定が決まり次第アナウンスいたしますので、ぜひご参加下さい。
―【相談室利用状況簡易報告(5月)】―――――――――――――――――
5月の利用状況をお知らせします。
{開室日数}  7日
{のべ利用件数} 37件(学外カウンセリングルーム含む)
{主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答することは出来ませんのでご了承下 さい◇
―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
このたよりは、工学系部局に在籍する教職員や学生等を対象にしたメーリングリストで送信しております。また、学生さんのアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合はご連絡いただければ送信先に追加します。
相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、周りに相談室のことを知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのことを紹介し、案内していただければ幸いです。
その他に利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなどもありますので、周知を検討されている方はご相談下さい。
« Hide more

カテゴリー: 相談室だより | 工学系部局なんでも相談室だより H25.6 版 はコメントを受け付けていません。