日別アーカイブ: 2012/07/02

平成24年7月の開室日をお知らせします

平成24年度の開室時間は
金曜日は午前【10時から12時まで】、午後【13時から17時まで】
火曜日は午前【11時から13時まで】、午後【14時から18時まで】
になります。
平成24年7月は,
金曜日は午前【10時から12時まで】、午後【13時から17時まで】開室します。
6日(金)、13日(金)、20日(金)、27日(金)
火曜日は午前【11時から13時まで】、午後【14時から18時まで】開室します。
10日(火)、24日(火)
この時間内に足を運べないという方は別途お問い合わせ下さい。
状況によっては時間をずらして対応できる場合があります。

カテゴリー: お知らせ | 平成24年7月の開室日をお知らせします はコメントを受け付けていません。

工学系部局なんでも相談室だより H24.6版

工学系部局なんでも相談室だより H24.6版
なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや利用状況な
ど定期的に発信させていただいております。
Read more »

 
―【カウンセラーより】――――――――――――――――――――――――
 なんでも相談室の石原です。
 いよいよ7月。ビアガーデンに札幌シティジャズと、夏本番のイベントが近づいてきました。
さわやかな夏を満喫したいですね。
 さて、先日の「心のケアに関する講習会」にたくさんの方にご参加いただきありがとうございました。
心の健康の維持、不調の予防について少しはお役に立つことができたでしょうか?
講習会後のアンケートなどで寄せられた質問の中に、
「うつ病のひとにどう接したらいいのか?」
といった記載がいくつかありましたので、今回はその点について書こうと思います。
 うつ病と言っても、症状やその強さは様々ですし、
その患者さんのパーソナリティによっても症状の現れ方は異なります。
また、単身生活なのかご家族と一緒に生活していらっしゃるのか、といった
生活環境によっても適切なサポートの形は変わってくると思います。
 その方に応じて関わり方は変化する、ということを前提にしつつ、
一般的には以下のような点に留意していただければと考えます。
①うつ病が「病気」であることを理解すること
 うつ病は脳の病気です。回復のためには休養と薬物療法が必要です。
②話を共感を持って聴くこと
 話の内容の是非を判断するのではなく、その話の裏にある気持ちをくんで下さい。
③焦らせず、また周囲も焦らないこと
 一般に、回復までには数ヶ月~年単位での時間がかかるといわれています。
 また、再発率の高い病気ですのでじっくりとしっかり治療することが必要です。
④勝手な判断で薬の量を減らしたり、通院頻度を下げさせないようにすること
 回復程度に合わせて徐々に薬は減らすことができます。
 自己判断ではなく、必ず主治医の指示に従って下さい。
⑤相手に巻き込まれないこと
 共感を持って接しつつ、ご自分の生活の質の維持にも留意して下さい。
 以上5点です。
 繰り返しになりますが、症状も生活への影響もその人それぞれですので、
これらの点を基本としつつ、その方にあった支援ネットワークをつくることが重要です。
 もし、対応に迷うようなことがありましたら、当室までご相談下さい。
―【事務担当より】――――――――――――――――――――――――――
なんでも相談室事務担当です。
6月1日に開催した「心のケアに関する講習会」は学生・教職員合計で53名の方の
参加がありました。どうもありがとうございました。
終了後のアンケートには、
「実際の事例を交えた説明が分かりやすく、面白く聞くことができた」
「うつ病は再発率が高いので,一回目の治療が重要であること。」
「ストレスマネジメントの項に挙げられている方法の多くが,『甘え』や『逃げ』
と見られかねない事柄である点が考えさせられた。」
「うつ病について詳しい話を聞きたい」
「うつ病の人への対応方法を知りたい」
などの印象に残った言葉、感想や要望が寄せられました。
次回以降の講習会の参考にさせていただきます。
また、「心のケア」に対する関心も「非常に深まった」「深まった」「やや深ま
った」が9割以上ありました。
これからの講習会でも、少しでも多くの方に「心のケア」への理解を深めていた
だければと思います。
「自分が不調な時、どうしたらいいか」
「他の人が不調な時、どのように対応したらいいのか」
等々いろいろなテーマについてこれからも講習会を開催する予定です。
次回の予定が決まりましたら、またアナウンスいたしますので、ぜひご参加下さ
い。
―【相談室利用状況簡易報告(5月)】―――――――――――――――――
5月の利用状況をお知らせします。
{開室日数}  6日
{のべ利用件数}  23件(学外カウンセリングルーム含む)
{主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答することは出来ませんのでご了承下さい◇
―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
このたよりは、工学系部局に在籍する教職員や学生等を対象にしたメーリングリ
ストで送信しております。
また、学生さんのアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、周りに相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのことを
紹介し、案内していただければ幸いです。
その他に利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、周知を検討されている方はご相談下さい。
« Hide more

カテゴリー: 相談室だより | 工学系部局なんでも相談室だより H24.6版 はコメントを受け付けていません。