はじめに

なんでも相談室のホームページにようこそ!
相談室について知りたい・面談予約をしたい方は,上部の『メニュー』(携帯端末の場合は,更に『ページ一覧』を選択して)から情報を閲覧して下さい。

カテゴリー: お知らせ | タグ: | はじめに はコメントを受け付けていません。

工学系部局なんでも相談室だより 2020年1月版

工学系部局なんでも相談室だより 2020年1月版【counseling room report】

 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
 オリンピックイヤーが始まりました。良い年をお迎えのことと思います。
 先月、今月と相談室の予約状況はかなりタイトになっています。
この時期に予約が混み合うのは例年のことではあるのですが、卒論、修論を直近に控えて心身ともにストレスを抱える学生さんが増えてくるのは避けて通れないことなので、ご相談の希望が寄せられた場合にはなるべく速やかに予約を受け付けるようにしています。
開室日も少しずつではありますが増やしているのですが、なかには学内相談室での相談の時間を確保できず、学外カウンセリングルームにお越しいただくことも増えてきています。
 学外カウンセリングルームの利用を促すと少しためらわれる方もいらっしゃいますが、もともと学外での相談は「開室日に行くことができない」「学内では相談しにくい」「平日は相談に行けないので土曜日に利用したい」といった声に応えるために、相談室開室当初から予約枠を設け、毎年100件以上のご利用があります。
場所については当室HPを参照していただきたいと思いますが、学外、学内ともに利用方法などは変わりありませんので、今後もお気軽にご利用ください。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和元年12月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  6日
 {延べ利用件数}49件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に、利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより 2020.1版【Counseling room report Version January 2020】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
This is Ishihara in the consultation room.
The Olympic year has begun. Are you feel a good new year ?
Last month, this month and the counselor’s office reservation situation is very tough.
It is an ordinary year that reservations are crowded at this time, but it is unavoidable that the number of students who are stressed physically and mentally with a graduation thesis and master’s thesis soon will be increase, so hope to consult If you receive a reservation, we will accept the reservation as soon as possible.
The number of opening days is increasing, albeit little by little, but in some cases it is not possible to secure consultation time in the on-campus counseling room, and more and more people are coming to off-campus counseling rooms.
Some people hesitate to use the off-campus counseling room, but originally consulting outside the campus is “I can not go to the opening day” “It is difficult to consult on campus” “I do not want to consult on weekdays so I would like to use it on Saturday” In order to respond to such comments, a reservation slot has been established from the beginning of the consultation room, and more than 100 cases are used each year.
I would like you to refer to our website for the location, but the usage methods are the same both on and off campus, so please feel free to use them in the future.
Thank you again this year.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in December.
{Opening days}
6 days
{Total number of items to be used}
49 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ | 工学系部局なんでも相談室だより 2020年1月版 はコメントを受け付けていません。

2020年2月の開室日をお知らせします。

2019年度の開室日・時間
  火曜日(原則隔週):【11時から13時まで】・【14時から18時まで】
  金曜日(原則毎週):【10時から13時まで】・【14時から17時まで】

2020年2月は,
  火曜日:4日,18日
     【11時から13時まで】・【14時から18時まで】開室します。
  
  金曜日:7日,14日,21日,28日
     【10時から13時まで】・【14時から17時まで】開室します。
        
この時間内に足を運べないという方は,別途お問い合わせ下さい。
状況によっては,時間をずらして対応できる場合があります。

カテゴリー: お知らせ | 2020年2月の開室日をお知らせします。 はコメントを受け付けていません。

工学系部局なんでも相談室だより 2019年12月版

工学系部局なんでも相談室だより 2019年12月版【counseling room report】

 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
 早いもので令和元年もあと少しで終わろうとしています。
みなさんにとって今年はどんな年だったでしょうか?
 ところで現在札幌市ではインフルエンザ警報が出ているのをご存知でしょうか?
市内定点医療機関にインフルエンザで治療に訪れた患者さんは、12月の第1週で1医療機関あたり30人を越えています。
 今年は例年よりもインフルエンザの予防接種が強く推奨されていましたが、この患者数をみると残念ながらかなりの流行は避けられないかもしれません。
 特に年末年始の休み明けは、交通機関や初詣、初売りなど人混みに出る機会が増えるために、爆発的に感染される方が増えます。今から予防接種を受けるのもひとつの手ではありますが、休養、栄養をしっかりとって手洗いとうがいを徹底することが最大の予防になります。
 インフルエンザがどんなに流行ってもかからない人はいますし、かかっても非常に軽く済む方もいて、そういう方とお話をすると「みんな大げさなんだよ」と言われることがあります。確かにその方の健康被害だけを考えれば特に対処をしなくても自己責任でもいいのかもしれません。
 しかし、インフルエンザは感染力が強いだけではなく、子どもやお年寄り、そして妊婦の方が罹患すると致命的な結果になることもある病気です。自分は軽く済んだとしても、自分がその菌を職場や学校、あるいは公共の場に持ち込んでまき散らしてしまうことで周囲の方に悪影響を与えることは避けなければなりません。
 まずは手洗いとうがい、そして風邪かなと思ったらマスクを着用し、くしゃみや咳はマスク越しかマスクをしていない場合は相手と正対せず、ご自分のシャツや上着に向けてする、これだけでかなりうつすリスクを低減できます。ご自分の健康のことだけでなく周囲の気遣いをぜひお願いしたいと思います。
 最後になりましたが今年もお世話になりましてありがとうございました。
 みなさま、どうぞ佳い年をお迎えください。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和元年11月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  7日
 {延べ利用件数}45件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に、利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより 2019.12版【Counseling room report Version December 2019】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
Ishihara from the consultation room.
This year will be over soon.
How was this year for everyone?
By the way, do you know that there is now an influenza warning in Sapporo City?
In the first week of December, more than 30 patients visited the city fixed point medical institution for treatment with influenza.
This year, flu vaccination was strongly recommended than usual, but unfortunately, a significant epidemic may be unavoidable when looking at the number of patients. 
In particular, at the end of the year-end and New Year holidays, the chances of going out, such as transportation, first-time visits, and first selling, increase, resulting in explosive infection. It is important to get vaccinated, but rest, nutrition, hand washing and gargle are the most preventive.
There are people who don’t care how much the flu is prevalent, and there are people who can get very light even if they start, and when you talk to them, you may be told that everyone is exaggerated. Surely, if you consider only the health hazard of that person, you may be able to take your own responsibility even if you do not deal with it.
However, influenza is not only highly infectious, but it can be fatal if it affects children, the elderly, and pregnant women. Even if you’re light, you must avoid damaging the people around you by bringing them into the workplace, school, or public places.
First, if you think you have a cold, wash your hands, gargle, and wear a mask.
Directing the cough to a shirt or jacket can greatly reduce the risk of influenza infection.
Let’s care not only about your own health but also about the health of those around you.
Last but not least, thank you for taking care of me this year.
Please have a good new year.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in November.
{Opening days}
7 days
{Total number of items to be used}
45 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ | 工学系部局なんでも相談室だより 2019年12月版 はコメントを受け付けていません。

2020年1月の開室日をお知らせします。

2019年度の開室日・時間
  火曜日(原則隔週):【11時から13時まで】・【14時から18時まで】
  金曜日(原則毎週):【10時から13時まで】・【14時から17時まで】

2020年1月は,
  火曜日:7日,21日
     【11時から13時まで】・【14時から18時まで】開室します。
  
  金曜日:10日,17日,24日,31日
     【10時から13時まで】・【14時から17時まで】開室します。
        
この時間内に足を運べないという方は,別途お問い合わせ下さい。
状況によっては,時間をずらして対応できる場合があります。

カテゴリー: お知らせ | 2020年1月の開室日をお知らせします。 はコメントを受け付けていません。

工学系部局なんでも相談室だより 2019年11月版

工学系部局なんでも相談室だより 2019年11月版【counseling room report】

 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
急なスピードで冬がやってきました。今年はインフルエンザの流行も早く始まったようですが、みなさんお変わりありませんか?
さて今般、12月10日(火)の午後にこころの健康セミナーを開催いたします。今回は依存について取り上げさせていただきます。
私たちは少なからず誰かや何かに依存することで安心を得て、毎日の生活を送っています。困ったときの○○頼み、や、朝仕事を始める前の珈琲やお茶で一服入れる等、生活の一部になっている方もおられるのではないでしょうか。
これに対して疾患に見る依存は単純に依存度が強まるだけではなく、それがなければ精神が安定しない、体調が悪くなるなど、その物質や事柄に脳が強く反応を起こしてしまっている状況となります。
スマホを手放せない、ネットゲームにはまっている、買い物をしたくてしょうがなくなる、誰かといないと落ち着かない、いつもお酒を飲みたいなど、ネットで依存を検索すると様々な症状が紹介されていますが、実際にそれが疾患かどうかの判断は容易ではありません。
今回はそういった依存の概要と対処についてお話をし、まずは依存について知るきっかけにしていただければと考えています。
多くの方のご参加をお待ちしています。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和元年10月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  7日
 {延べ利用件数}36件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に、利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより 2019.11版【Counseling room report Version November 2019】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
Ishihara from the consultation room.
Winter has come at a sudden speed. This year seems that the flu epidemic early started, how are you?
Well, a mental health seminar will be held on the afternoon of December 10 (Tuesday). This time we will talk about dependency.
We live a daily life with peace of mind by relying on someone or something. There may be people who have become a part of their daily life, such as requesting when they are in trouble, or taking a cup of tea or tea before starting work in the morning.
On the other hand, by disease dependence is not only intensifying dependence, but without it, the mind is not stable, physical condition worsens, etc. The brain is strongly reacting to the disease dependence substance and matters.
When you search for dependence by the Internet determining ,you can’t let go of your smartphone, you’re addicted to online games, you want shopping more , you can’t settle down without someone, you always want to drink, you can find a variety of symptoms. But if it is actually a disease or not disease judgment is not easy.
In this seminar, I will talk about the outline of such dependencies and how to deal with them, and I would like you to start by learning about dependencies.
We are looking forward to your participation.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in October.
{Opening days}
7 days
{Total number of items to be used}
36 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ | 工学系部局なんでも相談室だより 2019年11月版 はコメントを受け付けていません。

2019年12月の開室日をお知らせします。

2019年度の開室日・時間
  火曜日(原則隔週):【11時から13時まで】・【14時から18時まで】
  金曜日(原則毎週):【10時から13時まで】・【14時から17時まで】

2019年12月は,
  火曜日:10日,24日
     【11時から13時まで】・【14時から18時まで】開室します。
  
  金曜日:6日,13日,20日,27日
     【10時から13時まで】・【14時から17時まで】開室します。
        
この時間内に足を運べないという方は,別途お問い合わせ下さい。
状況によっては,時間をずらして対応できる場合があります。

カテゴリー: お知らせ | 2019年12月の開室日をお知らせします。 はコメントを受け付けていません。

令和元年度第2回こころの健康セミナーの開催について

令和元年度第2回こころの健康セミナーの開催について

 令和元年度第2回こころの健康セミナーを,教職員及び学生を対象として
下記のとおり開催いたしますので,お知らせします。
 今回のセミナーでは,なんでも相談室カウンセラー 石 原 一 人 氏により
『「依存」ってなんだろう?』と題して講演いただきます。
 「依存」というと,アルコール依存や薬物依存をイメージされる方が多い
と思いますが,昨今は,それ以外にギャンブルや買い物,ゲームなどに対す
る依存もよく知られるようになってきました。
 また,依存する対象や度合いによっては,社会生活を送ることが困難となる
場合もあります。
 今回のセミナーが,皆様にとって「依存」について考えるきっかけとなり,
その認識・理解を深めていただける機会になればと思います。
 つきましては,教職員及び学生の皆様に多数ご参加いただきますよう,
よろしくお願いいたします。
 
              記

 日 時 : 12月10日(火)13時15分~14時15分
 場 所 : B32講義室(B3棟 1階102室)
 テーマ : 「依存」ってなんだろう?
講 師 : なんでも相談室カウンセラー 石 原 一 人 氏
                   
 ・事前の参加申込みは不要です。
 ・教職員及び学生多数のご参加をお待ちしております。

 ※ 参加されなかった方にもご覧いただけるよう,後日,講演内容
   を安全衛生管理室HPで配信(映像は講師のみ)予定です。

カテゴリー: お知らせ | 令和元年度第2回こころの健康セミナーの開催について はコメントを受け付けていません。

工学系部局なんでも相談室だより 2019年10月版

工学系部局なんでも相談室だより 2019年10月版【counseling room report】

 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
 大きな被害を残した台風が去って急に秋が深まってきました。朝晩はかなり冷え込むようになりましたがお変わりはないでしょうか?
 後期に入って相談室では、2、3年生の必修授業に訪問し、授業の冒頭の時間をいただいて相談室の利用ガイダンスを行っております。
ご協力いただいている先生方にはこの場を借りまして御礼申し上げます。
 この取り組みは多くの学生に相談室の存在を知っていただき、利用を通じて、メンタル不調に陥る学生を少しでも減らすことを目的に行っています。
相談室を訪れる学生は4年生以降が多い傾向があります。進路に関する悩みや研究室の人間関係、あるいは勉強から研究へのシフトチェンジなど、直面する課題が顕著になるのがこの学年であるという背景があるものと考えています。
 また、研究室配属によって本人を取り巻く人間関係がそれまでよりも密になり、結果的に本人の不調に周囲が気付きやすくなることで相談室の利用勧奨を受けやすいといったこともあるでしょう。
 一方、これら4年生以降で直面する課題は、当然のことながら工学部に移行となった2年生の時点ですでに内包されているものであります。専門科目の講義が始まり、それが段々と難易度を増していく中で思うように成果を上げられなかったり、友人とのネットワークで問題をうまく処理していくことができなかったり、そういった「うまくいかない経験」が少しずつ積み重なり消化しないままでいくと不調リスクは高まっていきます。
 1年生の時はクラスが、4年生以降は研究室が本人のサポートネットワークとして機能しますが、2、3年生についてはそういった半ば強制力のあるグループへの帰属が求められない分、人によっては孤立化し問題をこじらせてしまうケースも少なくありません。
 今回、直接的に学生に相談室の存在をPRすることでそういった問題を未然に防ぐきっかけになってくれればという思いでおります。
 相談室の利用に至らずとも、自分の不調に気付き友人やご家族に相談してみようと思ってもらえたり、実際に行動に移してくれたりすれば、それだけで問題発生の抑止を期待できます。すぐに結果が顕在化することは難しいかもしれませんが、こうした息の長い取り組みをこれからも検討していきたいと考えています。
 今後ともみなさまのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和元年9月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  6日
 {延べ利用件数}34件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に、利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより 2019.10版【Counseling room report Version October 2019】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
Ishihara from the consultation room.
The typhoon that left a lot of damage left and autumn suddenly deepened. The morning and evening are getting colder. How are you.
In the second half of the year, the counseling room visits the compulsory classes for the second and third graders, and provides guidance for using the counseling room at the beginning of the class.
I would like to take this opportunity to thank the teachers who have cooperated.
The purpose of this initiatives is to reduce the number of students who are mentally unwell through use by allowing many students to know the existence of a consultation room. There are many students who visit the counseling room after 4th grade. I think that this school year has a background in which the challenges faced, such as concerns about career paths, laboratory relationships, or shift changes from study to research, become prominent.
In addition, the relationship between the person and the person in the laboratory will become more dense than before, and as a result, it will be easier to notice the surroundings of the person, and the counseling room will be recommended.
On the other hand, the challenges faced in these 4th grade and beyond are, of course, already included in the 2nd grade assigned to the Faculty of Engineering. Lectures on specialized subjects have started, and as the level of difficulty has gradually increased, we have not been able to produce results as expected, or we have not been able to handle problems well with a network with friends. The risk will increase as unsuccessful experience accumulates little by little and remains undigested.
The class functions as a support network for the first-year students and the laboratory for the fourth-year students and later, but for the second and third-year students, it is not necessary to belong to such a semi-enforceable group. There are many cases where it becomes isolated and causes problems.
This time, I would like to prevent such problems by directly publicizing the existence of the counseling room to students.
Even if you do not use the counseling room, if you notice your problems and want to talk to your friends and family, or if you actually take action, you can expect to prevent problems from occurring. It may be difficult to see the results immediately, but I would like to consider these long-term initiatives.
We look forward to your continued cooperation.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in September.
{Opening days}
6 days
{Total number of items to be used}
34 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ | 工学系部局なんでも相談室だより 2019年10月版 はコメントを受け付けていません。

2019年11月の開室日をお知らせします。(開室時間に一部変更があります。)

2019年度の開室日・時間
  火曜日(原則隔週):【11時から13時まで】・【14時から18時まで】
  金曜日(原則毎週):【10時から13時まで】・【14時から17時まで】

2019年11月の開室日
  火曜日:12日,26日      
  金曜日:1日,8日,15日,22日,29日

 なお,下記開室日については,都合により開室時間が変更となっておりますので,
ご留意願います。
 1日(金):【9:00~10:00・10:45~12:45】・【15:00~17:00】
 
 また,他の開室日においても,開室時間が変更となる場合もありえますので,
予約の際にあらためてご確認願います。
             
この時間内に足を運べないという方は,別途お問い合わせ下さい。
状況によっては,時間をずらして対応できる場合があります。

カテゴリー: お知らせ | 2019年11月の開室日をお知らせします。(開室時間に一部変更があります。) はコメントを受け付けていません。

工学系部局なんでも相談室だより 2019年9月版

工学系部局なんでも相談室だより 2019年9月版【counseling room report】

 なんでも相談室から工学系部局の皆様へ、カウンセラーのコメントや
利用状況など定期的に発信させていただいております。
 学生や同僚、部下との面談などの機会に、本文のトピックスをひとつ
のコミュニケーションツールとしてご活用いただけますと幸いです。
なお,本メールは教職員のみに配信していますので,周囲の学生の
皆さんが閲覧できるようご配慮願います。

―【カウンセラーより】―――――――――――――――――
相談室の石原です。
暑かった夏から秋へとの季節の変わり目となりました。鼻風邪や喉を痛めている人が増えているようですが、みなさんはお変わりないでしょうか?
 どのような訳があるのか定かではありませんが、毎年秋には企業や法人などから管理職研修の講師を頼まれて出かける機会が増えます。
テーマは「メンタルヘルスについて」、「メンタルヘルス不調者への管理職対応について」などがほとんどで、どこも対応に苦慮されていることが感じられます。
 特に管理職というポジションでは、経営方針や業績と従業員の健康の維持というふたつの要素のバランスをどうとるのか、加えて世代的に自らとまったく異なる時代を生きてきた若年層をどのように理解しコミュニケーションをとっていくのかが問われ、管理職自体が健康問題を抱えてしまうことが少なくないようです。
 相手が同年代であろうが若年層であろうが円滑にコミュニケーションをとる方法に大きな違いはありません。お互いが相手に気持ちよく接することを気にかけていれば、自ずとうまくいくように思いますが、実際は「色眼鏡」が悪戯をしてぎくしゃくしてしまうこともあります。
「色眼鏡」は相手を理解しようとする前に「このひとは○○に違いない」と断定や否定をしてしまったり、自分の価値観を押し付けたりするものです。
いはく「最近の若者は」、「あいつは老害だ」といった双方のつまらないかけ違いが起こってしまうのではないでしょうか。
 若年層には若年層なりに人間関係を構築するための努力をしてもらい、管理職層世代も自分の足元をしっかり見つめ自分のコミュニケーションスタイルについて再考していきながら、お互いがもっと折り合える新たな着地点を見つけていく必要があるでしょう。
 若年層がキャリアを積んでいくためには適切なフォローとフィードバック、そして現場経験の積み上げが不可欠です。背中を見て感じて動いてきた世代も、きっとそういうサポートをかつて得ていたことと思います。それを少し現代風にアレンジして提供することができれば、新しい関係性を創りだせるでしょうしお互いのフォロワーシップも高まることと思います。
こうしたこともひとつの「働き方改革」なのではと思う昨今です。

―【事務担当より】――――――――――――――――――
【相談室利用状況簡易報告】
令和元年8月の利用状況をお知らせします。
 {開室日数}  6日
 {延べ利用件数}43件(学外カウンセリングルーム含む)
 {主に寄せられている相談内容} 学生生活,健康問題
◇利用状況は、原則簡易情報のみ。詳細について回答
 できませんのでご了承ください。◇

―【その他】―――――――――――――――――――――――――――――
 このたよりは、工学系部局に在籍する教職員等を対象としたメーリング
リストで送信しております。
 なお、学生のアドレスや研究室メールリスト等、希望の配信先がある場合は
ご連絡いただければ送信先に追加します。
 相談室だよりはホームページにも掲載しておりますので、相談室のことを
知りたい・知ってもらいたいという方がいる場合には、ホームページのこと
を紹介し、案内していただければ幸いです。
 その他に、利用方法や開室場所、開室日時等をまとめたリーフレットなども
ありますので、ご連絡いただければお渡しいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
011-706-7297
mailto:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本文は翻訳ソフトによる英訳ですので、不具合箇所についてはご容赦願います。】
The text is an English translation by translation software, so please forgive about the defective part.

工学系部局なんでも相談室だより 2019.9版【Counseling room report Version September 2019】
We will periodically send out counselor comments and usage situation etc.
Please use the topics of this sentence as a communication tool at the opportunity to interview with students, colleagues and subordinates.
Since this e-mail is delivered only to faculty and staff, please let students know.

– 【From counselor】 —————–
Ishihara from the consultation room.
The season changed from hot summer to autumn. There seems to be an increasing number of people with nasal colds and sore throats. How are you.
I don’t know what the reason is, but every fall, there are more opportunities for companies and corporations to go out and ask for manager training.
Most of the themes are “About Mental Health” and “About Management of Mental Health Distress”, and it seems that everybody is struggling to deal with it.
Especially in the position of managers, how to balance the two elements of management policy and performance and maintaining employee health, and how to understand the younger generation who has lived in a completely different era from generation to generation However, it seems that there are many cases where managers themselves have health problems when asked to communicate.
There is no big difference in how to communicate smoothly regardless of whether the other party is the same age or younger. If you care about each other feeling comfortably, I think that it will work, but in reality, by Preconception will be jerky.
Preconception is assert or deny that this person must be XX before trying to understand the other person, or to impose his own values.
Isn’t the example a problem between the two, “Recent young people” and “He is getting older”?
The younger generations must make efforts to build human relations as younger generations, and the management generations need rethinking their own communication styles. Each other will need to find the landing point.
Proper follow-up, feedback, and on-site experience are indispensable for young people to develop their careers. I think that the generations who moved by looking at their backs were surely getting that kind of support. If we can arrange it and offer it in a slightly modern style, we will be able to create new relationships, and we will increase the followers of each other.
Nowadays, I think that this is one “working style reform”.

– [From the clerk in charge] ——————
【Counseling Room Usage Status Simple Report】
We will inform you of usage situation in August.
{Opening days}
6 days
{Total number of items to be used}
43 cases (including counseling room outside the university) {Content of main consultation being received} Student life, health problems ◇ In general, only the simple information is used. Please understand that we can’t respond to details. ◇

– 【Other】 —————————–
This news is sent by mailing list for faculty and staff enrolled in engineering department.
Please contact us if there is a desired delivery destination such as student’s address or laboratory mail list. Add it to the destination.
The news is also posted on the homepage.
I would be pleased if you would like to know about the counseling room or if you would like someone to know it, introduce the website and show me around.
In addition, there are also leaflets that summarize usage methods, opening places, open date and time etc, so if you contact us we will give you.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんでも相談室/ Counseling room
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/nandemo/
℡:011-706-7297
E-mail:nandemo@eng.hokudai.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリー: お知らせ | 工学系部局なんでも相談室だより 2019年9月版 はコメントを受け付けていません。