令和元年度安全衛生管理講演会について(通知)

令和元年10月23日

安全主任者各位

教職員各位

                   安全衛生管理室長 島 田 敏 宏

令和元年度安全衛生管理講演会について(通知)

 「工学部安全の日」の行事として,安全管理の体得及び安全意識の向上のため,下記のとおり安全衛生管理講演会を開催しますので,積極的にご参加くださいますようお願いします。

 なお,所属の学生等にも周知願います。

1.開催予定日時:令和元年11月13日(水)13:00~14:00

2.開催場所:フロンティア応用科学研究棟2Fセミナー室1

3.対象:工学系部局に所属する教職員及び学生

4.講師:菊地 優教授(建築都市空間デザイン部門)

5.演題:「これからの耐震設計と地震防災対策」

6.内容:最近の地震被害を教訓として、社会は地震から建物本体のみならず建      物が有する機能をも守ることを求めています。しかし、現行の建築基      準法では、その要求に応えることができません。本講演では、機能維      持を可能とする最新の耐震設計技術と防災対策を紹介します。

       (担  当)

安全衛生管理事務室 門谷(内線:7694)

MAIL:aneisitu@eng.hokudai.ac.jp

2019年8月9日 工学部長訓話

工学部長の瀬戸口です。

本日は,「工学部安全の日」です。

今から27年前の1992年8月10日,当時,助手であった先生と博士後期課程1年の大学院生のお二人が亡くなるという重大な事故が発生いたしました。

原因は,液化窒素から発生した多量の窒素による酸欠とされております。

ここに,亡くなられたお二人に謹んで哀悼の意を表します。

この出来事を重く受け止め,安全の徹底によって,工学部を事故の無い教育・研究の場とすることを誓い,「工学部安全の日」を定めました。

私たちが,日々行っている実験や作業において,「安全意識」が疎かになっていることはないでしょうか。

実験や作業に当たっては,マニュアルや作業手順に則り,取り組むことが不可欠です。 更に,状況に応じて,みなさんが最良の方法を選択し,実践することが必要となります。

常に,基本に立ち返った行動をしてください。

安全を築き上げるためには,みなさん一人一人が安全を心掛けることが大切です。

本学部はこれからも,安全に実験や研究ができるように,安全衛生管理室を中心に様々な取り組みを途切れることなく,実施していく所存です。

—————————————————————————————————————

Address by the Dean on the Safety Campaign Day at School of Engineering

August 2019

This is Setoguchi, Dean of School of Engineering.

Today is the day for safety campaign at School of Engineering.

Twenty-seven years ago today, the 10th of August in 1992, a tragic accident took away the precious lives of an assistant professor and a doctor course student.

This accident is believed to be caused by oxygen deficiency due to large quantities of nitrogen generated from liquid nitrogen.

On this occasion, I would like to express my deepest sympathy to the two colleagues who passed away.

School of Engineering took this accident seriously and designated this day as “Safety Campaign Day” resolving to keep the school a safe place for education and research with strict safety measures.

 I would like you to reflect on yourself whether you maintain safety awareness at daily experiments and works.

Following manuals or work procedures is indispensable to conduct experiments and works.

In addition, it is necessary for everyone to choose and implement the best method depending on the situation. Please always keep in mind to go back to basics.

It is important that each one of us makes sure to have safety in mind to further develop safety measures.

We constantly strive to take strict safety management to keep a safe environment.

令和元年度「工学部安全の日」について

8月10日は,「工学部安全の日」です。

今年度においても,下記日時において工学部長訓話を行います。 安全管理・安全教育体制及び安全意識の向上について教職員,学生の啓発活動にご協力願います。

令和元年8月9日(金)12:45から 工学部長訓話(館内放送,なお,英文放送も予定しております。)

※本年については、8 月10 日が休日のため、8 月9 日となります。

ポスターはこちら

「工学部安全の日」ポスター

平成30年度安全衛生管理講演会について(報告)

 下記により開催された講演会について,北大時報に掲載されましたのでお知らせいたします。

 本学HP:学内向け広報誌「北大時報」(URL)

https://www.hokudai.ac.jp/pr/publications/jihou.html

 北大時報2018.12月号:部局ニュース・28頁 工学系部局安全衛生管理講演会を開催(URL)

https://www.hokudai.ac.jp/pr/jihou_18_12.pdf

 平成30年度安全衛生管理講演会(概要)

  1. 日時:平成30年11月16日(金) 13:00~14:00
  2. 場所:フロンティア応用科学研究棟2階鈴木章ホール(レクチャーホール)
  3. 対象:工学系部局に所属する教職員及び学生
  4. 講師:工学研究院 応用化学部門 島田敏宏 教授
  5. 内容:化学物質の取り扱いに関する危険予測について

以上

平成30年度安全衛生管理講演会について(通知)

平成30年10月1日

安全主任者各位

教職員各位

安全衛生管理室長 富 岡   智

平成30年度安全衛生管理講演会について(通知)

「工学部安全の日」の行事として,安全管理の体得及び安全意識の向上のため,下記のとおり安全衛生管理講演会を開催しますので,特に化学物質を使用する教職員は積極的にご参加くださいますようお願いします。

なお,所属の学生等にも周知願います。

1.開催予定日時:平成30年11月16日(金)13:00~14:00

2.開催場所:フロンティア応用科学研究棟 2階レクチャーホール

3.対象:工学系部局に所属する教職員及び学生

4.講師:島田 敏宏教授(応用化学部門)

5.演題:化学物質の取り扱いに関する危険予測について

6.内容:工学系部局のヒヤリハット事例や危険予測に係る専門書等を基に,実験室における化学物質の取り扱いに関する危険予測についてワークショップ形式で開催する。

       (担  当)

 安全衛生管理事務室 門谷(内線:7694)

MAIL:aneisitu@eng.hokudai.ac.jp