2012年10月25日

【研究紹介】土壌中の環境放射性核種 ~ラドンを知る~

研究紹介 — 3:27 PM

大学院工学研究院量子理工学部門・准教授 藤吉 亮子

(1)研究者のアピールポイント

研究室のスタッフ、学生はじめ周りの多くの人達に支えられ現在の自分がある。人間は一人では生きてゆけないと実感している。研究は生活の重要な部分を占め、それはまだ続くと思う。自然に感激する心を忘れないこと。

 

(2)本発表研究の概要

身の回りに存在する多くの放射性核種(環境放射性核種)のうち、常温常圧で気体(放射性気体)であるラドンについてその正体を明らかにするとともに、人間とのいろいろな関わり(良い面と悪い面)を紹介する。地表面下で発生して移動するラドンを追跡するとどのようなことが明らかになるか最近の研究結果をもとに解説する。

 

(3)本研究発表の詳細

喫煙に次いで高い肺ガンの要因として、ラドンは欧米諸国において最も注目されている放射性核種である。ラドンによる健康被害を低減するため、EU諸国では国ごとに独自にラドン放射能濃度を測定し、その結果をマッピングする努力がなされてきた。しかし、測定法や測定対象(屋内なのか土壌なのか等)は国の事情により大きく異なる。最近、EC (European Commission) が中心となって統一的な測定手法の確立、測定およびマッピングに向けた動きが活発になっている。特に、チェコ共和国(地質調査所およびRadon EU) のラドン測定・評価技術はすぐれており、彼らは国内にラドンフィールドを設けて定期的に測定法および測定結果のクロスチェックを行っている。一方、日本、特に北海道においてラドンの測定はほとんど行われていない。また、ほとんど注目もされていない。人為的介入の比較的少ない森林(北海道、スロベニア)においてラドン(および他の土壌空気成分)のモニタリングを継続している(図1)。特に、冬季積雪期におけるラドンの挙動を明らかにして、北国における環境パラメータを確立することをめざす。

 

 

 

 

 

 

図1 森林土壌における222Rnおよび地温の継時変化

 

 

(4)本発表の注目点

ラドンは放射性気体であり、系列を作る天然放射性核種の壊変生成物である。半減期3.8日の222Rnは放射線被ばくという面で人間に有害な影響をもたらす半面、土壌空気の地表面への動きを知るための有用なパラメータとなる。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

北海道大学 工学系連携推進部 renkei@eng.hokudai.ac.jp