2010年10月14日

第3回 北大工学系-道総研 連携フォーラム(材料・化学・環境系)の開催について

                 平成22年10月12日

工学系教員各位

            工学系連携推進部長 名 和 豊 春

北海道大学工学研究院及び情報科学研究科と北海道立総合研究機構
では、連携協定を締結しており、この協定に基づき、昨年度は2回
の連携フォーラムを開催しております。
当該フォーラムを契機に、両組織の人的・研究施設のシナジー効果
を活かし、地元企業との共同研究や技術相談などによる地元への貢
献や、それを発展させて公募研究など競争的資金の獲得につなげる
等の研究協力が着実に進められています。
ついては、両組織の連携をさらに密にしていくため、第3回のフォ
ーラムを下記により開催いたします。
会場である北キャンパスの施設見学(創成研究機構、電子科学研究所)
や懇親会も企画しておりますので、奮ってご参加下さい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
<プログラム>

  日にち: 平成22年10月26日(火) 13:30~
  会 場: 創成科学研究棟 大会議室(連携フォーラム)
               セミナー室A,B,C(ポスター)

13:30~  開会の挨拶

      プレゼンテーション(各15分:質疑応答含む)
13:35~  
〔材料・化学系〕(13:35~14:35)
1)「粉末冶金法を利用したサーメット及びAI合金の開発」
   (大野宗一:大学院工学研究院材料化学部門・准教授)
 2)「ピロリ菌が持つ特異的ビタミン生合成経路の解明と
抗ピロリ菌薬開発への挑戦」
   (大利 徹:大学大学院工学研究院生体高分子部門・教授)
 3)「パターン形成技術を用いた高機能製品の開発」
   (片山直樹:道総研工業試験場 材料技術部・研究主幹)
 4)「吸収性生体模倣セラミックスの開発と骨組織設計」
   (赤澤敏之:道総研工業試験場 材料技術部・研究主幹)

14:35~15:05 休憩
    ※併せてポスター見学時間とする

15:05~
〔環境系〕(15:05~16:05)
1)「超臨界・亜臨界水マイクロ化学プロセス利用技術の開発」
   (松嶋景一:道総研工業試験場 環境エネルギー部・研究主任)
2)「ホタテガイ中腸腺を用いた貴金属吸着剤の試作」
   (富田恵一:道総研工業試験場 環境エネルギー部・主査)
3)「トキシコゲノミクスを用いた化学物質の毒性評価手法の開発」
   (岡部 聡:大学院工学研究院環境創生工学部門・教授)
4)「微生物機能を利用した地盤改良技術の開発」
(川崎 了:大学院工学研究院環境循環システム部門・准教授)

16:05~  自由討論 

16:30~  説明、見学会等

17:30~  懇親会(創成科学研究棟内:ポプラ)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
フォーラム参加者希望者は10月21日(木)までに
総務課研究支援担当(E-mail:kenkyou@eng.hokudai.ac.jp)あて次を明記し
お申し込みください。

====================================
【氏名・職名】        
【所属・部門、専攻等】

※ 懇親会に  
       参加する<  >  参加しない<   >

====================================

※北海道立総合研究機構へは、「構内循環バス」をご利用すると便利です。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

北海道大学 工学系連携推進部 renkei@eng.hokudai.ac.jp