2012年11月28日

【研究紹介】コンピュータビジョンによる安全を監視する技術 ~地震からの生命安全性モニタリング~音声避難誘導システム

研究紹介 — 7:09 PM

大学院工学研究院

建築都市空間デザイン部門・教授 岡田 成幸

 

(1)研究者のアピールポイント

建築系の地震防災を研究テーマとし、自助・共助・公助の観点から広く提言を行っています。コンピュータを利用したモニタリング技術を建築防災の領域に応用し、自助の活性化を狙ったのが今回の発表です。この研究により、2011年地域安全学会論文賞を受賞しました。

 

(2)本発表研究の概要

情報化社会が進む中、[状態]の現状把握とそれに基づく将来予測は重要なキーワードであり、そのための情報をいかに早く正確に収集し加工し効果的に利用していくかの技術が求められています。建築防災にとっての[状態]とは、地震時の建物の振動特性であり、室内の散乱状況であり、その中での人間行動です。地震計とCCDカメラにより状態をモニタリングし危険が迫っていたらどうすべきかの意思決定情報をリアルタイムで流すシステムを紹介します。

 

(3)本研究発表の詳細

防災の最低要件は住人を死なせないこと、そして傷つけないことです。そのためにシステムは2つの情報を操作します。

建物は地震に依らずとも常時微小な振幅で振動しています。提案するシステムは、その揺れを高感度地震計でモニタリングし建物固有の特性値を同定することにより、地震による被害状態や住人の生命安全性を判断します。さらに室内に取り付けたCCDカメラが室内環境や住人行動をモニタリングし続けており、地震発生時に同報される緊急地震速報の情報を併用して地震襲来時の危険性を判断し、住人を安全な場所へと音声にて誘導します。

(4)本発表の注目点

東日本大震災でも緊急地震速報は極めて有効であったとの報告がありました。一歩先読みの情報が人命を救います。システムは未だ試行錯誤的な部分も残されていますが、防災の未来を感じて頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図:地域防災力向上へと拡張するシステムの全体像

 

北海道大学 工学系連携推進部 renkei@eng.hokudai.ac.jp