2012年1月12日

【研究紹介】Bioluminescenceによる流体応力可視化計測法の開発

研究紹介 — 2:27 PM

 

工学研究院 環境フィールド工学専攻 水圏環境工学講座 准教授 渡部 靖憲

HP: http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/ocean

 

流体中に混入した植物プランクトンの力学的刺激に対する発光応答により,流体中にはたらく動圧力並びにせん断力の空間分布を非接触で計測する新たな可視化画像計測法を開発する.落錘式衝撃力実験,非定常せん断流実験において,流体力と発光強度間の高い相関が確認されている.本研究で得られた微生物の生理的制御及び解析法により,これまで計測し得なかった体積的な領域内での流体力分布が取得可能となる.

応用例:流体中の圧力,せん断力計測機器

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図1 動圧力下で発光する微生物

 

 

 

 

 

 

 

 

図2 発光強度と動圧力との線形関係

【お知らせ】研究紹介とFacebookページの開設について

お知らせ — 12:09 PM

2012年より工学系連携推進部では、昨年発行したシーズ集vol.7のコンテンツを研究紹介として毎週順次Webに掲載していきます。

 

また、あわせて試行としてFacebookページを開設して、皆さんとのコミュニケーションを円滑にできるように模索していきたいと考えています。

<北海道大学工学系連携推進部 Facebookページ>

https://www.facebook.com/huengliaison

【研究紹介】地盤災害から命と生活を守るために何が できるか?

研究紹介 — 11:49 AM

工学研究院 環境循環システム専攻 地圏循環工学講座 教授 三浦 清一

HP: http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/geomech/index.html

 

“防災”の側面も有する地盤工学は、我々の生活を守るための学問です。ここでは、その研究範囲の中から、地震時や豪雨時の災害を最小限にするための方策を確立することを目指して行っている、地盤の動的強度や変形、地盤内の水の移動についての先端的計測と数値解析・データ分析に関する研究を取り上げます。一例として、寒冷地域で融雪期に発生する斜面崩壊の予測方法について紹介します。

 

応用例:寒冷地斜面の崩壊予知システムの開発

北海道大学 工学系連携推進部 renkei@eng.hokudai.ac.jp