2016年4月18日

連携推進オフィスアワーの開催について(5月)

教員各位

工学系連携推進部長 増田 隆夫

連携推進オフィスアワーの開催について(5月)

 下記のとおりご案内していますこのことについて、
5月第2週は5月11日14:00~17:00(水曜日、担当:鈴木マネージャー)、
5月第3週は5月18日14:00~17:00(水曜日、担当:小野寺マネージャー)、
5月第4週は5月25日14:00~17:00(水曜日、担当:鈴木マネージャー)に開催致します。

お間違えの無いよう、ご注意願います。

場 所:連携推進室(A1-67)(内線6103)

※事前に担当者に連絡のうえ、ご利用願います。
担当者氏名:小野寺晃一 産学連携マネージャー(内線9559)
:鈴木真也 産学連携マネージャー(内線9554)

【相談内容】
・発明に関する相談
・共同研究に関する相談
・技術移転に関する相談
・特許出願に関する相談
・その他産学連携に関する相談
その他:毎週担当者1~2名の派遣となります。

【お問い合わせ】
北海道大学工学系事務部
総務課研究支援担当 濱
E-mail:<kenkyou@eng.hokudai.ac.jp>
TEL:011-706-6588  FAX:011-706-7895

2011年9月12日

「北海道大学工学系イノベーションフォーラム2011」の開催について

平成23年9月9日

 関 係 各 位

 国立大学法人北海道大学

                                       大学院工学研究院長・工学部長  馬場 直志

   大学院情報科学研究科長      栗原 正仁

 

「北海道大学工学系イノベーションフォーラム2011」の開催について

 

 

拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
また、平素から格別のご高配いただき、厚くお礼申しあげます。
さて、国立大学法人北海道大学大学院工学研究院及び大学院情報科学研究科では、昨年に引き続き「北海道大学工学系イノベーションフォーラム2011」を下記により開催いたします。

当該フォーラムは、従来通りの工学研究院・情報科学研究科で行われているイノベーション創出の可能性を秘めたシーズ研究の紹介の他に、工学部各コースの現状(コース内容や卒業生進路等)を紹介することとなりました。
つきましては、皆様におかれては、ご多用の折とは存じますが、ぜひご来場賜わりたくご案内申し上げます。

 

敬具

 

 

日 時 : 平成23年9月21日(水)~22日(木)10:00~17:00

場 所 : 北海道大学高等教育推進機構S1・S2教室

 

 

 

 

 

 

以上

ご案内:20110905リーフレット(最終版)

 

【お問い合せ】

北海道大学工学系事務部総務課研究支援担当

〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目

電話/011-706-6587

FAX/011-706-7895

E-mail/kenkyou@eng.hokudai.ac.jp

 

 

2010年10月14日

第3回 北大工学系-道総研 連携フォーラム(材料・化学・環境系)の開催について

                 平成22年10月12日

工学系教員各位

            工学系連携推進部長 名 和 豊 春

北海道大学工学研究院及び情報科学研究科と北海道立総合研究機構
では、連携協定を締結しており、この協定に基づき、昨年度は2回
の連携フォーラムを開催しております。
当該フォーラムを契機に、両組織の人的・研究施設のシナジー効果
を活かし、地元企業との共同研究や技術相談などによる地元への貢
献や、それを発展させて公募研究など競争的資金の獲得につなげる
等の研究協力が着実に進められています。
ついては、両組織の連携をさらに密にしていくため、第3回のフォ
ーラムを下記により開催いたします。
会場である北キャンパスの施設見学(創成研究機構、電子科学研究所)
や懇親会も企画しておりますので、奮ってご参加下さい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
<プログラム>

  日にち: 平成22年10月26日(火) 13:30~
  会 場: 創成科学研究棟 大会議室(連携フォーラム)
               セミナー室A,B,C(ポスター)

13:30~  開会の挨拶

      プレゼンテーション(各15分:質疑応答含む)
13:35~  
〔材料・化学系〕(13:35~14:35)
1)「粉末冶金法を利用したサーメット及びAI合金の開発」
   (大野宗一:大学院工学研究院材料化学部門・准教授)
 2)「ピロリ菌が持つ特異的ビタミン生合成経路の解明と
抗ピロリ菌薬開発への挑戦」
   (大利 徹:大学大学院工学研究院生体高分子部門・教授)
 3)「パターン形成技術を用いた高機能製品の開発」
   (片山直樹:道総研工業試験場 材料技術部・研究主幹)
 4)「吸収性生体模倣セラミックスの開発と骨組織設計」
   (赤澤敏之:道総研工業試験場 材料技術部・研究主幹)

14:35~15:05 休憩
    ※併せてポスター見学時間とする

15:05~
〔環境系〕(15:05~16:05)
1)「超臨界・亜臨界水マイクロ化学プロセス利用技術の開発」
   (松嶋景一:道総研工業試験場 環境エネルギー部・研究主任)
2)「ホタテガイ中腸腺を用いた貴金属吸着剤の試作」
   (富田恵一:道総研工業試験場 環境エネルギー部・主査)
3)「トキシコゲノミクスを用いた化学物質の毒性評価手法の開発」
   (岡部 聡:大学院工学研究院環境創生工学部門・教授)
4)「微生物機能を利用した地盤改良技術の開発」
(川崎 了:大学院工学研究院環境循環システム部門・准教授)

16:05~  自由討論 

16:30~  説明、見学会等

17:30~  懇親会(創成科学研究棟内:ポプラ)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
フォーラム参加者希望者は10月21日(木)までに
総務課研究支援担当(E-mail:kenkyou@eng.hokudai.ac.jp)あて次を明記し
お申し込みください。

====================================
【氏名・職名】        
【所属・部門、専攻等】

※ 懇親会に  
       参加する<  >  参加しない<   >

====================================

※北海道立総合研究機構へは、「構内循環バス」をご利用すると便利です。

2010年8月5日

北海道大学工学系イノベーションフォーラム2010の開催について

国立大学法人北海道大学
大学院工学研究院長 馬場 直志
大学院情報科学研究科長 栗原 正仁
北海道大学工学系イノベーションフォーラム2010の開催について
拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
また、平素から格別のご高配いただき、厚くお礼申しあげます。
さて、工学研究院・情報科学研究科では、昨年・一昨年に引き続き「工学系イノベーションフォーラム2010」を下記により開催いたします。
当該フォーラムは、工学研究院・情報科学研究科で行われているイノベーション創出の可能性を秘めたシーズ研究等を紹介し、産学連携事業に発展することを期待した研究交流の場を提供するものです。そのため、企業・官公庁・財団・団体等に本学の工学系研究を広くPRする場を設け、最先端の研究発表とブース展示で研究者と企業との意見交換・交流を図ります。
つきましては、皆様におかれては、ご多用の折とは存じますが、ぜひご来場賜りたくご案内申し上げます。
敬具
日時: 平成22年9月17日(金) 10:00~18:30
場所: 東京駅サピアタワー(東京都千代田区丸の内)
※詳細及び参加申し込みは、下記URLを参照願います。
―――――――――――――――――――――
【お問い合わせ】
北海道大学工学系事務部総務課研究支援担当
〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
電話:011-706-6103,6587
FAX:011-706-7895
E-mail:renkei@eng.hokudai.ac.jp
―――――――――――――――――――――

北海道大学 工学系連携推進部 renkei@eng.hokudai.ac.jp