イベントカレンダー

7月
25
寄附分野循環・エネルギー技術システム分野第3回シンポジウム
7月 25 @ 1:30 PM – 5:00 PM
8月
29
平成30年度土木学会全国大会 研究討論会
8月 29 @ 1:00 PM – 3:00 PM

日時 平成30年8月29日(水) 13:00~15:00
場所 北大構内(詳細は未定)

タイトル:「環境システム研究の社会実装に向けて~北海道の地域循環共生圏とは」
座長:石井一英 北海道大学大学院工学研究院教授 環境システム研究レビュー小委員会委員長
話題提供者
 藤田 壮 国立環境研究所「地域循環共生圏を実現する環境システム学にむけて」
 齊藤 修 国連大学「環境システム研究を通じたSDGsの社会実装」
 松井 孝典 大阪大学大学院工学研究科「AIと環境システム」
 石井 一英 北海道大学大学院工学研究院「環境システム委員会研究レビューと北海道の環境への貢献」

主旨
 本研究討論会では、環境システム研究が実社会においてどのような貢献ができるか議論したい。特に、循環型社会形成推進基本計画で唱われている「地域循環共生圏」、国際社会で2015年に合意された持続可能な開発目標(SDGs)の達成への貢献に向け、2018年4月に閣議決定された第五次環境基本計画ではSDGsの考え方も活用し、環境・経済・社会の統合的向上を具体化することが明記されている。また、人工知能(AI)などの新規技術の活用可能性が増していることから、AIを活用した社会持続可能な社会への転換について検討する。そして、環境システム研究レビュー小委員会で行っている2000年からの環境システム研究論文の俯瞰的・包括的なレビューの中間報告を踏まえ、北海道の未来社会について検討したい。以上、本研究討論会を通じて、環境システム研究が社会貢献すべきテーマについて討論する。

   

9月
4
寄附分野 循環・エネルギー技術システム分野第4回シンポジウム
9月 4 @ 1:30 PM – 5:00 PM

※仮予告です。内容は変更の可能性があります。

■題 目:「循環・エネルギー技術システム」から「バイオマスコミュニティプランニング」へ
■日 程:平成30年9月4日(火)13:30~17:00
■場 所:北海道大学 学術交流会館 講堂
■主 催;北海道大学大学院工学研究院
■共 催:土木学会環境システム委員会(仮)
■後 援:北海道バイオマスネットワーク会議、NPO法人バイオマス北海道、NPO法人最終処分場技術システム研究協会
■資料代:1,000円
■趣旨:
地域のバイオマスから得られた再生可能エネルギーの利用は、循環型、低炭素、自然共生の統合的社会形成の一助となるとともに、地域づくりに大きく貢献をします。バイオマスの循環・エネルギー転換技術やそれを運用するソフト面も含めたシステムの構築のための知見や事例の整理は、これから直面する人口減・高齢化社会及び資源が制約となる社会にとって極めて重要なであると考えています。
そこでシンポジウム第1部では、平成27年10月に開設した寄附分野循環・エネルギー技術システム分野の3年間の産官学の活動成果の報告をさせて頂きます。そして第2部では、これまで5期15年間の寄附分野の活動内容を振り返ると共に、平成30年10月に新しく開設される寄附分野バイオマスコミュニティプランニング分野の活動にどのようにつなげていくのか、パネルディスカッションを通じて、フロアの皆さんと共に、深めていきたいと考えています。

■プログラム
1.開会挨拶
北海道大学 総長 名和 豊春
(代理:理事・副学長 長谷川 晃)
北海道大学大学院工学研究院長 増田 隆夫
古市 徹(北海道大学 循環・エネルギー技術システム分野 客員教授)

2.基調講演
大迫 政浩((国研)国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センター長)

3.講演
第1部:寄附分野 循環・エネルギー技術システム分野成果報告
1)寄附分野循環・エネルギー技術システム分野の活動報告 出版に向けて
落合 知 (北海道大学 循環・エネルギー技術システム分野 特任助教)
2)廃棄物系バイオマス(生ごみ、下水汚泥、家畜ふん尿等)のバイオガス事業のフィージビリティスタディ(仮)
木村 浩司(岩田地崎建設株式会社 経営企画室経営企画課長)
3)バイオマスのエネルギー事業の普及方策の検討(仮)
島田 克也(いであ株式会社 国土環境研究所長)
4)ABC構想を実現するための最終処分システムを組み込んだ広域連合型事業の提案(仮)
宇佐見 貞彦(八千代エンジニヤリング株式会社総合事業本部)

休憩

第2部:新寄附分野 バイオマスコミュニティプランニング開設に向けて
5)寄附分野の変遷と新寄附分野開設に向けて
石井一英(北海道大学 循環共生システム研究室 教授)

4.総合討論 「循環・エネルギー技術システム」から「バイオマスコミュニティプランニング」へ
【コーディネーター】
石井 一英(北海道大学 循環共生システム研究室 教授)
【パネリスト】
大迫 政浩((国研)国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センター長)
落合 知(北海道大学 循環・エネルギー技術システム 特任助教)
木村 浩司(岩田地崎建設株式会社 経営企画室経営企画課長)
島田 克也(いであ株式会社 国土環境研究所長)
宇佐見 貞彦(八千代エンジニヤリング株式会社総合事業本部)

5.閉会挨拶
石井 一英 (北海道大学 循環共生システム研究室 教授)

意見交換会(17:30頃~約2時間)
場所:エンレイソウ (仮)
参加費:4,100円(仮)

9月
12
廃棄物計画研究部会企画セッション
9月 12 @ 1:30 PM – 3:00 PM
10月
14
第11回3R&低炭素社会検定 北海道試験対策講習会
10月 14 全日
10月
20
第46回環境システム研究論文発表会
10月 20 – 10月 21 全日

http://committees.jsce.or.jp/envsys/46happyoukai_2

 

11月
1
寄附分野循環・エネルギー技術システム分野閉講式
11月 1 @ 2:00 PM – 3:15 PM

詳細は未定

寄附分野バイオマスコミュニティプランニング分野 開設式
11月 1 @ 3:30 PM – 5:00 PM

詳細は未定

11月
8
第26回衛生工学シンポジウム
11月 8 – 11月 9 全日
11月
24
APLAS TOKYO 2018
11月 24 – 11月 26 全日