修士論文タイトル

<平成10年度>

・圓尾 友彦:ISO14000sからみた廃棄物最終処分場の環境管理システムに関する調査解析
・山本麻衣子:難水溶性有機化合物原液の鉛直浸透挙動のモデル化と汚染修復への応用

<平成11年度>

・岡田 起平:ダイオキシン類汚染土壌の液相抽出と微生物分解に関する研究

<平成12年度>

・石井 邦幸:土壌・地下水汚染調査における地形・地質構造のモデル化手法と予測修復への適用
・蛯名由美子:最終処分システムを構想支援するための計画モデルの提案
・太田 愛恵:札幌市を対象とした家庭生ごみのリサイクルシナリオの提案と評価
~生ごみ廃棄行動に関する市民アンケート調査の解析から~
・兼行 孝 :有機系廃棄物リサイクルシステムの健全性評価のための手法とその適用
~道央地域を対象として~
・高橋 正典:ダイオキシン類汚染土壌の微生物分解に及ぼす影響要因に関する実験的考察
~ Acremonium sp.による微生物分解特性~

<平成13年度>

・小林 哲也:廃棄物に起因する汚染現場の修復効果予測のための三次元数値解析手法の研究
・舟田 卓見:飛灰混じり土壌中ダイオキシン類の微生物分解条件と阻害要因に関する研究
・本間 隆紀:散水-洗い出しモデルによるクローズドシステム処分場の安定化促進方策に関する研究
・山形 英生:Acremonium sp.からの無塩化ダイオキシン分解酵素の精製に関する研究

<平成14年度>

・南部 稔 :土壌・地下水汚染の調査・解析データモデルの構築とその実汚染現場への適用

<平成15年度>

・内山 岳志:容器包装リサイクルシステムのEPRの視点からのシナリオ分析
・小池 啓太:Pseudallescheria boydiiによる2,3,7,8-TCDDの分解特性と分解酵素に関する基礎的研究
・佐藤 雄大:自治体の土壌・地下水汚染対策を支援するための事例データベースの設計
・寺山 健 :コンジョイント分析による生ごみリサイクル方式の住民選好評価
・長田 志乃:バイオリアクターによる土壌中ダイオキシン類分解処理の制約条件の検討
・土師 賢之:一般廃棄物中プラスチック類のリサイクル効率化の施策評価
・宮野 寛 :生ごみリサイクルシステム構築方法の提案―バイオガス化を選択した場合の検討―

<平成16年度>

・齋藤 由起:北海道における家庭系生ごみ資源化のための有料化とエネルギー・コスト分析
・堀井 一嗣:札幌市における粗大ごみリユース戦略の提案
・松田 悠見:家畜糞尿の汚染源評価と河川水質への影響
・簗取 優丞:一般廃棄物資源化のための一時保管機能をもつ最終処分システムの検討

<平成17年度>

・伊藤 拓生:最終処分場等の修復・再生に向けた廃棄物の前処理とバイオガス化処理の検討
・小笠原陽子:北海道における食品廃棄物の発生特性とメタン発酵のプロセス化に向けての検討
・河原 麻里:土壌還元許容量およびコストに配慮した乳牛ふん尿の適正な地域循環システムの検討
・木越 雅美:地域で発生する有機系廃棄物の混合によるバイオガス発生特性と消化液処理の実験的検討
・久保島 賢:Pseudallescheria boydiiによる2,3,7,8-TCDD分解の動力学的解析
・佐藤 康行:不法投棄現場の嫌気性バイオレメディエーションのためのモデル化の検討
・西上 耕平:大都市部における生ごみ資源化システムの検討
-バイオガス化を選択した場合のシナリオ分析-
・福地 晴男:札幌市ごみ減量のための小単位ごみ収集量把握方法と情報提供方法の検討
・松尾 晃治:廃棄物最終処分場等におけるガスモニタリングへのオープンパス型計測器の適用可能性の検討

<平成18年度>

・上村 友美:河川の硝酸性窒素汚染源同定のための大腸菌群遺伝子分析手法の検討
・清水 心太:家畜ふん尿の適正管理および有効利用促進のための施設導入可能性の検討
・竹中 康倫:廃棄物系バイオマスを利活用する自治体のリサイクルシステム選択のためのANP手法の検討
・戸田 佑紀:北海道における最終処分場の再生可能性とバイオガス発生ポテンシャルの検討
・長尾由加利:不法投棄現場の環境再生に関するニーズ調査手法の提案
-青森・岩手県境不法投棄現場の跡地利用を例として-
・長山 真子:原位置バイオレメディエーション法によるテトラクロロエチレン汚染現場の修復可能性の検討-カラム連続試験によるモデルパラメータの決定と修復効果予測-

<平成19年度>

・浅岡 幸基:循環型社会地域計画のための廃棄物管理システム構築の提案
・池田 洋 :揮発性有機化合物で複合汚染された不法投棄廃棄物浄化のための基礎的研究
-微生物分解の嫌気-好気切り替え効果の検討-
・香阪 絵里:家畜ふん尿による地下水窒素汚染軽減のための流域内窒素収支モデルの開発
・武田 朋子:最終処分場再生のニーズと効果のアンケート調査に基づく解析
・森山 伸介:アンケート調査に基づく中小市町村における生ごみ堆肥化導入条件と効果の検討

<平成20年度>

・大塚 美夏:揮発性有機化合物で汚染された不法投棄現場の浄化に関する研究
~原位置空気注入法の浄化メカニズムのモデル化と実験的検討~
・佐藤 剛 :生ごみ分別収集による生ごみ発生・排出抑制の効果と要因の検討
・佐藤 直生:アンケート調査とコンジョイント分析を用いた食品廃棄物のリサイクル推進策の  検討~札幌市における分別-バイオガス化のニーズ調査~

<平成21年度>

・岩崎 謙二:クローズドシステム最終処分場における場内作業環境の安全管理に関する研究
―埋立ガス・浮遊物質濃度の評価と換気効果の検討―
・五島 典英:動脈系・静脈系連携によるエネルギー循環のための廃棄物バイオガス化システム
の提案~石狩湾新港地域でのバイオガス直接利用システムの検討~
・坪  史弥:廃棄物不法投棄現場のBTXと有機物のオンサイト処理に関する研究
―生石灰添加および微生物好気分解の組合せによる処理特性の検討―
・新田 省吾:家畜糞尿の循環利用プロセスの窒素動態評価モデルの開発
・橋本 翔伍:CHPシステムを目指した木質系バイオマスエネルギー利用実態のアンケート調査
による分析

<平成22年度>

・神尾 英俊:埋立時期を特定した廃棄物の時系列分析によるメタン発生量の経時変化の推定
・本間 隆之:林地残材熱利用システムの事業規模の検討
~足寄町を対象とした熱需要構造調査に基づく考察~
・渡邊 翔 :石狩湾新港地域バイオガス化システムの事業化に向けた検討
―2項ロジットモデルを用いた食品廃棄物収集量推定手法の提案―

<平成23年度>

・伊黒 千早:3次元数値シミュレーションによる修復対策後の地下水流動変化に基づく1,4-ジオ
キサンの拡散予測-青森・岩手県境不法投棄事案の恒久対策を目指して-
・大石 千博:牛ふん尿バイオガス化プラントへの食品廃棄物投入による混合発酵の安定条件の
実験的検討
・田中 慧悟:北海道におけるバイオエネルギーの利用可能量の推計とその推進策の提案
・矢萩 健太:地域特性と事業採算性を考慮した集中型家畜糞尿バイオガス化施設の
システム化の検討

<平成24年度>

・土屋 翔 :コンジョイント分析に基づいた牛ふんスラリーの適正管理のための酪農家の
ニーズ解析
・森 俊介 :原発事故被災農地起因の汚染稲わらエネルギー化のための固形燃料化・保管方策の提案
・諏訪部 力:家庭系生ごみバイオガス化処理システムの事例分析~普及を目的とした動機付けと住民合意の把握のためのアンケート調査~
・武部 玲央:バイオガス化とごみ燃料化による地域循環圏シナリオのシステム解析‐宗谷地域を対象としたケーススタディ‐

<平成25年度>

・坂本 嵩延:熱需要増加とバイオマス利活用を考慮した既存地域熱供給システムの事業性改善の検討 -札幌市A地区をケーススタディとして-
佐竹 佑太:廃棄物処理システム改善のためのMBT導入可能性の検討-北広島市の可燃ごみの質と最終処分場への負荷を考慮した事例として-

<平成26年度>

・池田勇太:汚濁物質収支モデルを用いた最終処分場の安定化の判定に関する研究
-実データによる溶出率と微生物分解係数の推定-
岡島 優人:1,4-ジオキサン地下水汚染修復のための新たな高精度数値シミュレーション手法の開発-三重県桑名不法投棄現場を対象として-
谷 耕治:焼却を前提としない一般廃棄物処理におけるMBT導入可能性の検討
-北海道苫小牧市を対象として-

・東 祐樹:ウエット系バイオマスを混合した家畜ふん尿バイオガス化プラントの処理特性と事業性の検討
堀川 拳:水素ステーション普及のための下水処理施設のバイオガス化事業の新たな展開
渡邊進太郎:熱需要創出と規模と形態に応じた稲わら燃料価格の算定に関する研究
-南幌町をケーススタディとして-

<平成27年度>

・穴吹 凌:地域便益に着目したバイオマスを中心とする再生可能エネルギー事業計画モデルの構築
・岡田 進太郎:ごみ減量によるコスト・エネルギー効率性への影響を踏まえた廃棄物処理システムの構築に関する研究-都市規模に応じたバイオガスプラントの有用性について-
・針谷 将吾:稲わら燃料利用促進のための稲わら・木質混合ペレットによる燃焼阻害改善に関する研究-家庭用木質ペレットストーブを対象として-

<平成28年度>

・北島 弘:北海道酪農地域における物質循環・経済から見たバイオガスプラント導入効果に関する研究
・鷲尾 卓:多主体多目的意思決定問題における評価者のグルーピングと変容の可視化に関する研究