ようこそ循環共生システム研究室へ

目的

循環型・低炭素・自然共生社会の3つの社会を統合的に実現し、開発途上国及び次世代に向け持続可能な社会を形成するために、基礎実験・フィールド調査・アンケート/ヒアリング調査・モデル化・各種指標の評価などを駆使し、社会実装可能な廃棄物等の物流・変換管理システムを提案することを目的としている。

主な研究テーマ(平成29年度卒・修論より、○印平成30年度卒論テーマ)

(1) 計画の視点
1) 農業地域での複数バイオマス事業導入効果の評価~北海道足寄町のふん尿及び木質を対象に~
2) 実態調査に基づく分別収集導入前後の一般廃棄物処理システムの評価
-茨城県土浦市を対象として-
3) テキストマイニングを用いた議事録の可視化手法に関する検討
-廃棄物分野を事例として-
4) 小規模自治体を対象とした埋立ごみ減量方策の検討-占冠村を対象として-
○中小自治体のバイオマス利活用を中心とした廃棄物管理システムの評価
○一般廃棄物処理における不燃系廃棄物の多様性と環境負荷ポテンシャルの調査
(2) 環境保全の視点
5) 都市ごみ焼却主灰の保管・資源化のための粒径別塩化物イオン溶出挙動に関する研究
6) 覆蓋を利用したチャンバー法によるクローズドシステム処分場の埋立ガス放出量の変動に関する研究
○焼却灰の資源化のための廃棄物最終処分場における保管・管理方法に関する研究
○地中温度モニタリング併用による埋立ガス放出量の調査手法の開発
(3) バイオマスの視点
7) 消化液を用いた土着微細藻類の培養条件に関する基礎的研究
8) 農業残渣の燃料利用に向けた半炭化特性に関する研究
9) 生ごみディスポーザー排水処理システム由来汚泥のエネルギー利用を見据えた回収方法の検討
○バイオマスリファイナリーを目指した農業残渣半炭化物の多機能利用性に関する研究
○メタン発酵消化液を利用した土着微細藻類の大量培養に関する研究

研究室のこだわり
「次世代(50年先)に向け、物とエネルギーをどのように循環すべき
かを考えています。」
そのために、
・バイオマスのエネルギー利用による地域創生に取り組んでいます。
・将来の資源と環境保全のために、新しい静脈系システム(最終処分システム)
を考えています。
・技術(新技術、応用技術、組合せ技術)だけではなく、
社会(経済、心理、制度)の両面からアプローチします。

本研究室の特徴
1.寄附分野(講座)と連携していること。 →寄附講座の変遷の変遷をご覧下さい。
2.NPO活動と連携している。 NPO最終処分場技術システム研究協会 と NPOバイオマス北海道

お気軽に研究室まで御連絡下さい。 教授 石井一英