研究テーマについて

droppedImage

 

ミクロの巨人 “微生物” と環境センサーの女王 “植物”の能力を最大限に引き出して
地球環境の保全や豊かな食・健康の実現に貢献できるバイオテクノロジー研究を目指します。

● 生分解性プラスチック生合成システム(微生物・植物)の最適化
● 昆虫由来抗菌性ペプチドの進化工学的高機能化へ
● アゾ染料の生物学的処理(バイオレメディエーション)
● 機能性オリゴ糖関連β‐1,3グルカナーゼの発現と性質解明

企業との共同研究であるため詳細に紹介できませんが、以下のテーマも展開しています。

● 創薬中間体の酵素合成のための代謝工学
● 次世代バイオプラスチックの創成研究
● 食品加工酵素のタンパク質工学研究
● 物質生産のための植物バイオテクノロジー

研究教育体制

  • ・分子生物学的手法をベースとした研究
  • ・学会・論文発表を重視
  • ・活発な共同研究(他研究室や企業との)
  • ・異分野コミュニケーション
  • ・パイオニア精神旺盛・想像力から創造力へ
  • ・ユーモアが地球を救う
pagetop