量子エネルギー変換材料分野 北海道大学大学院 工学研究院 エネルギー・マテリアル融合領域研究センター

量子エネルギー変換材料分野

研究室紹介

当研究室では、イオン、電子、光などの量子ビームとそれらのマルチビーム化、プラズマ状態を利用した非平衡科学やナノ材料創製研究を基礎に、極めて過酷な条件に耐えうる新エネルギー材料開発や未来志向型の機能性マテリアル創製の応用研究に取り組んでいます。
中国、マレーシアなどの留学生やポスドクを含めた学生・研究員とともに、グリーンテクノロジー開発を念頭に置いたエネルギー、ナノテクノロジーに関わる新たなマテリアル開発の研究を進めています。

In our laboratory we are working on the development of new materials that can withstand ultra-harsh conditions and making future-oriented functional materials. We achieve that using quantum beams such as ions, electrons, light and their multiple beams, as well as non-equilibrium plasma state and nanomaterials science.

With invention of green technology in mind, we are studying and creating new materials that would be involved in nanotechnology. In our laboratory students and postdoctoral fellows, including foreign students from China and Malaysia, work together to study and create such new materials.

中文

本实验室以单束或多束离子、电子或光等量子束作用和等离子环境为手段,以非平衡科学和纳米材料研究为基础,开发耐极端条件的新型能源材料和面向未来的功能材料。

目前团队中也包括了来自中国和马来西亚的留学生以及博士后,我们以绿色环保为理念,共同致力于推进与能源、纳米技术相关的新型材料的研发。

量子能源转化材料实验室欢迎您!

コメントは受け付けていません。