ホーム>最新情報>梅垣菊男教授を含むグループが第13回産学官連携功労者表彰で産学官連携功労者表彰・文部科学大臣賞を受賞しました。

梅垣菊男教授を含むグループが第13回産学官連携功労者表彰で産学官連携功労者表彰・文部科学大臣賞を受賞しました。

2015年09月03日

梅垣菊男教授を含むグループによる研究が「企業、大学、公的研究機関等の産学官連携活動における優れた成功事例」として第13回産学官連携功労者表彰・文部科学大臣賞を受賞しました。

【第13回産学官連携功労者表彰・文部科学大臣賞】
受賞事例:動く腫瘍をピンポイントで狙う「“4次元動体追跡型”陽子線治療装置」の開発と普及
受賞者:白土 博樹 北海道大学大学院医学研究科教授
    梅垣 菊男 北海道大学大学院工学研究科教授
    中村 文人 株式会社日立製作所ヘルスケア社粒子線治療事業部事業部長
    平本 和夫 株式会社日立製作所研究開発グループ技師長
    辻井 博彦 放射線医学総合研究所フェロー

※受賞内容の詳細につきましては内閣府ホームページをご覧ください。
第13回(平成27年度)産学官連携功労者表彰について
文部科学大臣賞

功労賞1-1

左から白土教授、平本技師長、中村事業部長、文部科学省科学技術・学術政策局 川上局長、梅垣教授、辻井フェロー

 

このページの先頭へ