研究室ごあいさつ

ようこそ“量子ビーム応用医工学研究室”へ!
量子ビーム応用医工学研究室(旧 量子放射線科学研究室)は、2013年7月1日に梅垣菊男教授が赴任し、研究内容が新しくなりました。がん治療を中心とした医療分野への量子ビーム・放射線の適用研究が新たに始まり、医工連携の研究開発を積極的に推進していきます。研究室ごあいさつ

ご挨拶

梅垣教授

工学研究院 量子理工学部門 応用量子ビーム工学分野 量子ビーム応用医工学研究室
国際連携研究教育局(GI-CoRE) 量子医理工学グローバルステーション
(兼)医学研究科 分子イメージング講座
(兼)北海道大学病院 分子追跡放射線医療寄附研究部門
教授 梅垣菊男


量子ビーム応用医工学研究室は、2013年7月1日に新しい体制でスタートしました。新たに量子ビーム・放射線を医療分野に適用する研究を推進し、次世代の診断や治療を実現していきます。その他にも環境放射線の研究、量子ビームを用いた半導体加工材料の研究と共に、「量子ビームを用いた最先端科学技術を人類の未来のために」を合い言葉に、皆さんと共に未来に向けた研究を進めて行きたいと考えています。
研究実施場所は、工学研究院に留まりません。北海道大学病院では私たちが開発に関わり今後も責任を持って運用していく、北海道初の陽子線ビームを用いてがん治療を実現する陽子線治療センターが、2014年3月に運用を開始しました。医学研究科、北海道大学病院に出向き、互いに協力して次世代の先端医療を実現していきます。これからの先端医療には医工連携による新しい技術開発が欠かせません。
研究室においても、工学と医学の境界を越えて研究テーマを推進していくと共に、国家プロジェクト、産学連携共同研究を積極的に進めていきます。志のある学生の皆さんの参加を期待しています。

このページの先頭へ