鈴木章名誉教授ノーベル化学賞受賞

本研究室の前身である旧応用化学科第三講座、有機金属化学研究室を主宰された鈴木章名誉教授が、2010年ノーベル化学賞を受賞されました。受賞対象となった鈴木・宮浦カップリング反応は、極めて実用性の高い合成反応として世界中で広く認知されています。


写真1

写真2

写真1: 鈴木先生と教え子の先生方(受賞決定後の2010年10月撮影、HUSCAPレター2010年12月号より)
前列右から、鈴木章名誉教授、宮浦憲夫特任教授
後列左から、原正治教授、石山竜生准教授、山本靖典助教

写真2: 新しい世代へ…鈴木先生と有機元素化学研究室の学生たち(2010年11月撮影)

ノーベル賞関連リンク