研究紹介

われわれの研究室では、有機化学をベースにさまざまな元素を研究し、新しくて役に立つ触媒反応・機能材料・コンセプトの創造を行っています。
また、第一線で活躍するパイオニア的研究者の教育・育成を目指しています。

研究が紹介されている外部ページ

  • Chem-Station (日本最大の化学系サイト)で紹介されました。(私以外は超一流の先生方ばかりで恐縮です)
  • HOKUDAI NEXT (「最先端・次世代研究開発支援プログラム」の紹介ページ・日本の若手研究者トップ300・北大では6人)
  • サイエンスカフェ (札幌紀伊国屋での一般向けイベント)
  • STさきがけ (若手研究者の登竜門に採用されています(すでに終了 ※リンク切れ))
  • 研究室紹介ムービー(約8MB)

研究が紹介されている日本語の総説

12. ”金原子間相互作用の増強が鍵となる光結晶相転移
『化学と工業』 2017年 70巻 2号、133ページ。

11. ”多色発光性メカノクロミズムを示す金イソシアニド錯体 :面白い分子ほど手が掛かる
『化学と工業』 2016年 69巻 7号、588-589ページ。

10. ”発光性メカノクロミズム : 分子の並び方が色の決め手
『化学と教育』 2016年 64巻 6号、280-281ページ;口絵20

9. ”様々な発光色を示す刺激応答性センサー材料の開発
『北海道大学プレスリリース』 2016年5月13日 発表。

8. (横浜市立大学 高見澤教授の論文紹介記事)”開閉自在なナノバルブ
『化学』 2016年71巻、65-66ページ。

7. ”研究室紹介
『Organometallic News』 2015年3巻、112-113ページ。

6. ”金属間相互作用の増強が鍵となる光誘起結晶相転移とPhotosalient効果
『日本結晶学会誌』 2015年8月号、226-232ページ。

5. ”熱や光によって「ジャンプ」する有機結晶 : アクロバティックな結晶の振る舞い
『化学と工業』 2015年3月号、254-255ページ。

4. ”銅(Ⅰ)錯体触媒による合成反応開発と発光性金(Ⅰ)錯体の動的挙動 : 偶然の発見が自分の研究の幅を広げてくれました!
『化学と工業』 2014年9月号、793-795ページ。

3. ”銅触媒による有機ホウ素化合物の新合成法とメカノ応答性をもつ発光性金錯体の開発
『化学と工業』 2014年3月号、201ページ。

2. ”結晶中の分子の《ドミノ倒し》を世界で初めて観測
『北海道大学プレスリリース』 2013年6月14日 発表。

1. ”求核的ホウ素-金属化学種の新展開 : 含ホウ素化合物の革新的合成法をもたらす新活性種
『化学と工業』 2008年3月号、224-225ページ。

無料公開している原著論文

8. “A Screening Approach for the Discovery of Mechanochromic Gold(I) Isocyanide Complexes with Crystal-to-Crystal Phase Transitions
J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 6252–6260.
DOI: 10.1021/jacs.6b02409

7. “Detailed Investigation of the Structural, Thermal, and Electronic Properties of Gold Isocyanide Complexes with Mechano-Triggered Single-Crystal-to-Single-Crystal Phase Transitions
Chem. Eur. J. 2016, 22, 1968–1978.
DOI: 10.1002/chem.201503721

6. “Mismatched changes of the photoluminescence and crystalline structure of a mechanochromic gold(i) isocyanide complex
Chem. Commun. 2015, 51, 13933–13936.
DOI: 10.1039/C5CC04609B

5. “Enantioselective Borylative Dearomatization of Indoles through Copper(I) Catalysis
Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 8809–8813. 
DOI: 10.1002/anie.201502964

4. “Interconvertible multiple photoluminescence color of a gold(I) isocyanide complex in the solid state: solvent-induced blue-shifted and mechano-responsive red-shifted photoluminescence
Chem. Sci. 2015, 6, 2187–2195.
DOI: 10.1039/C4SC03960B

3. “Photoinduced single-crystal-to-single-crystal phase transition and photosalient effect of a gold(I) isocyanide complex with shortening of intermolecular aurophilic bonds
Chem. Sci. 20156, 1491–1497.
DOI: 10.1039/c4sc02676d

2. “Mechanical stimulation and solid seeding trigger single-crystal-to-single-crystal molecular domino transformations
Nat. Commun. 2013, 4, 2009.
DOI: 10.1038/ncomms3009

1. “Direct enantio-convergent transformation of racemic substrates without racemization or symmetrization
Nat. Chem. 2011, 2, 972–976.
DOI: 10.1038/NCHEM.801

カバーアート

chem201504854-toc-0001-m←クリックで拡