伊藤 肇

略歴

略歴
1991年 京都大学工学部合成化学科 卒業
1996年 同大学院工学研究科博士課程 修了 (伊藤嘉彦教授)
1996年 筑波大学化学系 助手 (細見彰教授)
1999年 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所 助手 (永田央准教授)
2001年 米国スクリプス研究所 客員研究員 (Prof. Kim D. Janda)
2002年 北海道大学大学院理学研究科化学専攻 助教授 (澤村正也教授)
2010年 同工学研究院有機プロセス工学部門 教授
 ■併任■
2008年-2010年 JSTさきがけ「物質と光作用」研究者併任
2010年-2014年 日本学術振興会 「最先端・次世代研究開発支援プログラム」 研究者
受賞
2003年 有機合成化学協会 明治製菓研究企画賞
2008年 有機合成化学奨励賞
2011年 北海道大学研究総長賞
2014年 日本化学会学術賞
2015年 北海道大学研究総長賞奨励賞
2015年 長瀬研究振興賞

研究概要

  • 銅(I)触媒を用いた有機ケイ素化合物、有機ホウ素化合物の合成法開発
  • 直接エナンチオ収束型反応の開発
  • 発光性メカノクロミズムを応用した機械的刺激応答性分子プローブの開発

業績

論文リストはこちら