CH結合活性化反応

炭素-水素結合の活性化に基づいたホウ素基およびケイ素基導入反応の開発

有機ホウ素およびケイ素化合物は、現代の精密有機合成における炭素-炭素結合および炭素-ヘテロ原子結合形成のための有用な反応剤です。これらの古典的な合成法としては、有機リチウムあるいはマグネシウム試薬とホウ素あるいはケイ素求電子試薬とのトランスメタル化が知られていました。しかしこれらの手法には、官能基共存性に問題がある、有機求電子試薬としてハロゲンなどの脱離基を必要とする、廃棄物として環境負荷の大きなハロゲン塩を生じる、などの問題がありました。私たちの研究室では、より経済的で効率的かつクリーンな合成法である炭素-水素結合の炭素-ホウ素あるいは炭素-ケイ素結合への直接的な変換反応の開発について研究を行っています(Scheme 1, C-Hホウ素化の例)。

   

Scheme 1 (from C&EN / February 4, 2002)

文献

1) €“Developments of New Catalytic Borylation Reactions directed towards Fine Organic Synthesis”, T. Ishiyama, J. Synth. Org. Chem., Jpn., 61, 12, 1176-1185 (2003). (in Japanese)

2) €“Transition metal-catalyzed direct borylation and silylation based on C-H activation”, T. Ishiyama, J. Syth. Org. Chem., Jpn., 63, 440-452 (2005). (in Japanese)

3) €“Transition Metal-Catalyzed Borylation of Alkanes and Arenes via C-H Activation”, T. Ishiyama and N. Miyaura, J. Organomet. Chem., 680, 3-11 (2003). (in English)

4) €“Metal-Catalyzed Reactions of Diborons for Synthesis of Organoboron Compounds”, T. Ishiyama and N. Miyaura, Chem. Rec., 3, 271-280 (2004). (in English)

5) €“Iridium-catalyzed borylation of arenes and heteroarenes via C-H activation”, T. Ishiyama, N. Miyaura, Pure Appl. Chem., 78, 1369-1375 (2006). (in English)