日本化学会第99春季年会&研究室同窓会

一覧ページに戻る

2019/03/23

3月16-19日、甲南大学(神戸)で開催された第99春季年会に伊藤先生、関先生、久保田先生、学生16人が参加し、口頭発表を行いました。

また、多くの学生が参加するこの学会のタイミングに合わせて、3月16日に研究室同窓会を行いました。思い出話やお仕事のこと、現在の研究室の様子など話題は尽きず、とても有意義な会となりました。お忙しい中、参加してくださったOB・OGの皆様、ありがとうございました!

日本化学会 第99春季年会 (2019.3.16-19. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

1D7-30 ○関 朋宏・眞下 峻希・伊藤 肇

「アルケニル金イソシアニド錯体のサーモサリエント効果とそのメカニズム調査」(口頭発表)(発表日:2019.3.16. 甲南大学岡本キャンパス、神戸 )

1H4-32 ○PANG, Yadong; ISHIYAMA, Tatsuo; KUBOTA, Koji; ITO, Hajime

「C-H Borylation Using Mechanochemistry」(口頭英語発表)(発表日:2019.3.16. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

1H5-08 ○久保田 浩司・瀬尾 珠恵・小出 克将・長谷川 靖哉・伊藤 肇

「メカノケミストリーによる固体内C-Nカップリング反応」(口頭発表)(発表日:2019.3.16. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

1H5-10 ○瀬尾 珠恵・石山 竜生・久保田 浩司・伊藤 肇

「メカノケミストリーによる固体内C-Cカップリング反応」(口頭発表)(発表日:2019.3.16. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

1H5-11 ○高橋 里奈・久保田 浩司・伊藤 肇

「メカノケミストリーによるパラジウム-ホスフィン錯体の合成」(口頭発表)(発表日:2019.3.16. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

2H4-32 ○宍戸 亮介・久保田 浩司・伊藤 肇

「シリルボランアート錯体を利用したケイ素-ケイ素結合形成反応」(口頭発表)(発表日:2019.3.17. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

2H4-41 ○竹内 拓未・田口 純平・高橋 里奈・伊藤 肇

「触媒的なホウ素化と酸化によるα-アミノアシルトリフルオロボレートの合成」(口頭発表)(発表日:2019.3.17. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

2H4-42 ○松浦 さつき・田口 純平・関 朋宏・伊藤 肇

「アシルホウ素化合物のイミン形成/環化による含ホウ素複素環式化合物の合成」(口頭発表)(発表日:2019.3.17. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

3B4-42 ○豊島 直喜・墨谷 俊輝・関 朋宏・伊藤 肇

「シリル基を有する金(I)イソシアニド錯体の外部刺激応答性」(口頭発表)(発表日:2019.3.18. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

3B4-43 ○馮 馳・樫山 健太郎・関 朋宏・坂元 駿一・高崎 祐一・高見澤 聡・伊藤 肇

「発光性を示すN-ヘテロ環状カルベン金錯体の強弾性特性」(口頭発表)(発表日:2019.3.18. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

3B4-44 ○田口 純平・眞下 峻希・関 朋宏・伊藤 肇

「アミノ酸類縁体を用いた長寿命発光材料の開発」(口頭発表)(発表日:2019.3.18. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

3H5-16 ○遠藤 康平・岩本 紘明・小澤 友・渡辺 裕太・久保田 浩司・今本 恒雄・伊藤 肇

「三象限遮蔽型不斉ビスホスフィン配位子を用いた銅(I)触媒によるベンジルクロライドのエナンチオ収束的ホウ素置換反応」(口頭発表)(発表日:2019.3.18. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

3H5-17 ○小澤 友・岩本 紘明・竹ノ内 雄太・今本 恒雄・伊藤 肇

「直接エナンチオ収束ホウ素化反応のための高活性不斉二座ホスフィン配位子の開発」(口頭発表)(発表日:2019.3.18. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

3H5-18 ○IWAMOTO, Hiroaki; OZAWA, Yu; HAYASHI, Yuta; IMAMOTO, Tsuneo; ITO, Hajime

「Through-Space Interaction-Modified Robust Chiral Ligand Enabled Copper(I)-Catalyzed cis-Selective Asymmetric Borylative Cyclopropanation」(口頭英語発表)(発表日:2019.3.18. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

4H5-08 ○AKIYAMA, Sota; KUBOTA, Koji; ITO, Hajime

「The Synthesis of Enantioenriched Fluorine-containing Allylboron Compound via Copper(I)-Catalyzed Asymmetric Borylation Reaction」(口頭英語発表)(発表日:2019.3.19. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

4H5-10 ○能村 省吾・秋山 颯太・久保田 浩司・伊藤 肇

「トリフルオロメチル基を有するアレンに対する銅(I)触媒を用いたホウ素化反応の開発」(口頭発表)(発表日:2019.3.19. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

4H5-11 ○上杉 実那美・大崎 駿・久保田 浩司・伊藤 肇

「銅(I)触媒による脂肪族ケトン類のボリル環化反応」(口頭発表)(発表日:2019.3.19. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)

Reaxys PhD Prize Club Symposium

○久保田 浩司

「メカノケミストリーが拓く反応開発」(口頭発表)(発表日:2019.3.18. 甲南大学岡本キャンパス、神戸)【招待講演】