DSC09581-1

DSC09581-1

cover art

われわれの研究室では、有機化学をベースにさまざまな元素を研究し、新しくて役に立つ触媒反応・機能材料・コンセプトの創造を行っています。また、第一線で活躍するパイオニア的研究者の教育・育成を目指しています。
The major research interests of this laboratory are the development of new synthetic reactions, the exploration of new organic materials, and the discovery of unprecedented phenomena in chemistry. Our current research projects include (1) the copper-catalyzed reactions of diboron for selective organoboron synthesis; (2) iridium-catalyzed C-H borylation reactions; (3) the mechanochromic luminescence of organogold complexes; and (4) the development of new enantio-convergent reactions for the efficient synthesis of optically active compounds.

銅(I)触媒によるホウ素化と直接エナンチオ収束

銅3.001

光学活性化合物は医農薬、液晶材料の開発に極めて重要です。我々は最近、直接エナンチオ収束 …

詳細

発光性メカノクロミズム

名称未設定3.001

ある物質に作用した「こする」というような機械的刺激をその物質が記録する材料を開発しました。

詳細

Ir触媒によるCH結合ホウ素化

CH結合活性化反応

多くの有機合成反応が、ハロゲンなどの反応性の高い官能基の変換をベースとしています。 …

詳細

分子ドミノ

ドミノ3.001

結晶の表面にごく僅かな機械的刺激を与えるだけで、結晶構造が大きく変化する物質を発見しました。

詳細

■学生受賞■ 有機結晶シンポジウムでM1小林くんがポスター賞を受賞しました!

■学生受賞■ 北大若手研究者交流会でD1ミングくんがポスター賞を受賞しました!

■学生受賞■ PD久保田くんがReaxys PhD Prize 2016 Finalist に選ばれました!

■特別講演■ 日本化学会第96春季年会2016で助教関先生が若い世代の特別講演会を行いました!

■学生受賞■ Hokkaido University-University of California, Berkeley Joint Symposium on Chemical Sciences and EngineeringでM2陳くんがポスターを賞受賞(詳細

■学生受賞■ Pacifichem 2015 でD3久保田くんがポスターを賞受賞(3645名中54人、受賞率1.2%!詳細

■学生受賞■ 錯体化学若手の会でM1戸子台くんが優秀ポスター賞受賞

新着情報

一覧

個人賞1位 宍戸
2016/11/13 (詳細ページ)

ゼミ旅行 in ルスツ

つながりを作る貴重な機会です
2016/10/31 (詳細ページ)

久保田くん(PD)がReaxys Prize Symposium(9/22-9/23)に参加しました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2016/10/29 (詳細ページ)

名古屋大学 大井貴史教授 集中講義と講演会

小林君が見事優秀講演賞!
2016/10/29 (詳細ページ)

第25回有機結晶シンポジウムに参加しました

二人でぱしゃり
2016/10/03 (詳細ページ)

伊藤先生とM1 大崎君が第33回有機合成化学セミナーに参加しました

三日間お疲れ様でした!
2016/09/30 (詳細ページ)

第63回有機金属化学討論会に参加しました

後期も頑張ろう!
2016/09/25 (詳細ページ)

H28年度前期グループセミナー

網井先生
2016/09/10 (詳細ページ)

網井秀樹先生(群馬大学教授)講演会

P7210790
2016/09/10 (詳細ページ)

D3 竹ノ内くんがオーストラリア・メルボルンで開催されたICOMC 2016に参加しました

czech_5 (1)
2016/08/01 (詳細ページ)

関先生がチェコ共和国・プラハで開催されたICSS 2016に参加しました。

IMG_2359
2016/08/01 (詳細ページ)

中国・北京大学で開催された北京大学&北海道大学ジョイントセミナーに参加しました。

お疲れ様でした!
2016/07/28 (詳細ページ)

応用化学コースソフトボール大会に出場しました (6/15)

最新の発表論文

一覧

Copper(I)-Catalyzed Enantioselective Boryl Substitution of Allyl Acylals: An Efficient Approach for Enantioenriched α-Chiral γ-Acetoxyallylboronates
Takenouchi, Y., Kojima, R., Momma, R., Ito, H. Synlett 2016, Accepted
DOI :10.1055/s-0036-1588354

take.001

Introduction of a Biphenyl Moiety for a Solvent Responsive Aryl Gold(I) Isocyanide Complex with Mechanical Reactivation
Seki, T., Jin, M., Ito, H. Inorg. Chem. 2016, 55, Accepted

graphical abstract

Direct Introduction of a Dimesitylboryl Group Using Base-Mediated Substitution of Aryl Halides with Silyldimesitylborane
Yamamoto, E, Izumi, K., Shishido, R., Seki, T., Tokodai, N., Ito, H. Chem. Eur. J. 2016, accepted
DOI :http://dx.doi.org/10.1002/chem.201604021.

スクリーンショット 2016-10-01 15.47.55