DSC09581-1

DSC09581-1

cover art

われわれの研究室では、有機化学をベースにさまざまな元素を研究し、新しくて役に立つ触媒反応・機能材料・コンセプトの創造を行っています。また、第一線で活躍するパイオニア的研究者の教育・育成を目指しています。
The major research interests of this laboratory are the development of new synthetic reactions, the exploration of new organic materials, and the discovery of unprecedented phenomena in chemistry. Our current research projects include (1) the copper-catalyzed reactions of diboron for selective organoboron synthesis; (2) iridium-catalyzed C-H borylation reactions; (3) the mechanochromic luminescence of organogold complexes; and (4) the development of new enantio-convergent reactions for the efficient synthesis of optically active compounds.

銅(I)触媒によるホウ素化と直接エナンチオ収束

銅3.001

光学活性化合物は医農薬、液晶材料の開発に極めて重要です。我々は最近、直接エナンチオ収束 …

詳細

発光性メカノクロミズム

名称未設定3.001

ある物質に作用した「こする」というような機械的刺激をその物質が記録する材料を開発しました。

詳細

Ir触媒によるCH結合ホウ素化

CH結合活性化反応

多くの有機合成反応が、ハロゲンなどの反応性の高い官能基の変換をベースとしています。 …

詳細

分子ドミノ

ドミノ3.001

結晶の表面にごく僅かな機械的刺激を与えるだけで、結晶構造が大きく変化する物質を発見しました。

詳細

■学生受賞■D2ミング君が錯体化学討論会で講演賞を受賞しました

■学生受賞■D2ミング君光化学討論会で講演賞を受賞しました。詳細

■学生受賞■ M2小林君第17回リング・チューブ超分子研究会シンポジウムでポスター賞を受賞しました。詳細

■学生受賞■ M1小澤君万有札幌シンポジウムでベストディスカッション賞を 受賞しました詳細

■学生受賞■ D2ミング君が日本化学会第97回春季年会で学生講演賞を受賞しました。詳細

新着情報

一覧

2017/10/31 (詳細ページ)

CSJ化学フェスタに参加しました!

2017/10/22 (詳細ページ)

ゼミ旅行に行ってきました!

2017/09/20 (詳細ページ)

KJF-ICOMEP2017(韓国)に参加しました

2017/09/17 (詳細ページ)

インド IUCr 2017で招待講演を行いました

2017/09/10 (詳細ページ)

ミングくんが光化学討論会で優秀講演賞を受賞しました!

2017/09/10 (詳細ページ)

第50回有機金属若手の会 夏の学校に参加しました!

2017/09/10 (詳細ページ)

野依フォーラムに羽山くんが参加しました

2017/08/13 (詳細ページ)

前期グループセミナーと前期打ち上げを行いました

2017/08/13 (詳細ページ)

韓国 POSTECH で招待講演を行いました。

2017/07/25 (詳細ページ)

IMEBORON XVIに参加しました!

2017/07/25 (詳細ページ)

M1小澤くんが万有シンポでベストディスカッション賞に選ばれました

2017/07/22 (詳細ページ)

関先生の留学壮行会を行いました!

最新の発表論文

一覧

Copper(I)-Catalyzed Diastereoselective Dearomative Carboborylation of Indoles
Hayama, K.; Kubota, K.; Iwamoto, H.; Ito, H. Chem. Lett. 2017, accepted

Copper(I)-Catalyzed Regio- and Stereoselective Intramolecular Alkylboration of Propargyl Ethers and Amines
Iwamoto, H.; Ozawa, Y.; Kubota, K.; Ito, H. J. Org. Chem. 2017, 82, 10563 - 10573.
DOI :10.1021/acs.joc.7b02071

Synthesis of Acylborons by Ozonolysis of Alkenylboronates: Preparation of an Enantioenriched Amino Acid Acylboronate
Taguchi, J.; Ikeda, T.; Takahashi, R.; Sasaki, I.; Ogasawara, Y.; Dairi, T.; Kato, N.; Yamamoto, Y.; Bode, J. W.; Ito, H. Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 13847 - 13851.
DOI :10.1002/anie.201707933