過去の寄附分野の変遷

2003年10月~2006年9月 バイオリサイクル工学(クボタ)講座

【スタッフ】
 客員教授 西則雄、 客員助教授 小松敏宏、 客員助手 稲葉陸太
【寄附会社】
 株式会社クボタ

 バイオリサイクル工学(クボタ)講座では、循環型社会に向けた3R(reduce, reuse and recycle)と適正処理を実現するためのバイオテクノロジー(バイオマスのエネルギー利用、微生物による環境修復等)を活用したリサイクル技術の開発・実証と総合化・体系化に関する研究を行う。この研究成果によって、将来のエネルギー資源の一つとしての利用が期待されている生ごみや家畜糞尿等の有機系廃棄物を有効に利用することが可能となる。また、有害化学物質による土壌・地下水汚染を低コストかつ低消費エネルギーで修復することが可能となる。具体的には、次の課題を研究し、循環型社会形成のためのバイオテクノロジーを活用した戦略的リサイクルシステム構築の方向付けを行う。
(1)実稼働施設のケーススタディーと実証実験により、生ごみや家畜糞尿から
  効率的にエネルギーを回収・利用するシステムの最適化を検討する。
(2)ダイオキシンをはじめとする難分解性ハロゲン化化合物等によって汚染された
  土壌・地下水汚染のバイオレメディエーション技術を実証実験によって
  実用化レベルにまで到達させる。

2006年10月~2009年9月 不法投棄対策工学講座

【スタッフ】
 客員教授 西則雄、 特任助教 金相烈
【寄附会社】
 株式会社荏原製作所、株式会社大林組、株式会社奥村組、鹿島建設株式会社、
 株式会社環境総合テクノス、株式会社建設技術研究所、三友プラントサービス会社、
 日本技術開発株式会社、太陽工業株式会社、東和科学株式会社

 不法投棄対策工学講座では、大きな社会問題となっている廃棄物の不法投棄現場を,安全,かつ適正,効率的に修復し,環境再生するための技術の開発を,技術的(工学的)側面と社会的側面の両面から行う.特に,青森・岩手県境不法投棄現場を事例として取り上げ,不法投棄の経緯,行政対応,汚染発覚からの調査・解析・対策案の決定プロセス・対策内容と実施状況など,すべての関連する事象を解析することにより,
(1)不法投棄の未然防止のための未然防止技術の開発
(2)効率的な調査・解析・修復(適正化,資源化)技術の開発
(3)住民合意,コミュニケーションなど対策を円滑に進めるための社会技術の開発
(4)環境再生のあるべき姿と環境再生を実現するための手法の開発
を行い,そして,他の国内・国外の不法投棄対策事例調査を踏まえ,上記(1)~(4)の技術の総合化,体系化を行うことにより,今後の不法投棄対策のあり方について提言する.

2009年10月~2012年9月 バイオウェイストマネジメント工学講座

【スタッフ】
 客員教授 西則雄、 特任助教 金相烈
【寄附会社】
 株式会社大林組、株式会社大建設計、大成基礎設計株式会社、
 株式会社環境総合テクノス、太陽工業株式会社、三友プラントサービス株式会社、
 北海道ガス株式会社、大成建設株式会社、
 有機系廃棄物資源循環システム(ORS)研究会

 バイオウェストマネジメント工学講座では、廃棄物系バイオマス(生ごみ、食品廃棄物、廃食油、家畜ふん尿、下水汚泥、間伐材、処分場有機性埋設物)をエネルギー資源として再生利用することを中心として、社会・技術的に実行可能な、循環型社会における新たな廃棄物等(循環資源を含む)の物流・変換のための管理システムの提案を行う。具体的には、下記の(1)~(4)の研究課題に取り組む。
(1)ABC開拓構想 を実現するプロジェクトの提案と実践
(2)循環型社会の新たな最終処分システムの提案
(3)循環型社会の新たな廃棄物ビジネスモデルの提案
(4)上記(1)~(3)の総合化、体系化

2012年10月~2015年9月 エコセーフエナジー分野

【スタッフ】
 客員教授 後藤雅史(~2014年1月まで)、 客員教授 古市徹 (2014年2月~)
 特任助教 金相烈 (~2013年3月まで)、 特任助教 藤山淳史(2013年4月~)
【寄附会社】
 アタカ大機株式会社/日立造船株式会社、岩田地崎建設株式会社、鹿島建設株式会社、
 一般財団法人札幌市下水道資源公社、三友プラントサービス株式会社、
 株式会社大建設計、大成建設株式会社、
 八千代エンジニヤリング株式会社(2014年10月~)、いであ株式会社(2014年10月~)

 エコセーフエナジー分野では、次世代に向けた安全・安心な再生可能エネルギーの普及促進のために、バイオマス(廃棄物系、未利用、資源作物)利活用を中心とした、技術、環境、経済、社会を考慮した実行可能な技術・システム及び事業展開の提案を行う。具体的には、下記の(1)~(3)の研究課題に取り組む。
(1)下水汚泥と生ごみの混合嫌気性消化システムに関する研究
(2)バイオマスエネルギーによるガス・熱利用システムに関する研究
(3)震災地の復旧・復興のためのバイオマス利活用技術およびシステムに関する研究